世界ランク14位をキープした松山英樹(撮影:GettyImages)

写真拡大

<男子世界ランキング>
 最新の男子世界ランキングが発表され、米国男子ツアー「ウェルズ・ファーゴ選手権」で2勝目を挙げたジェームス・ハーン(米国)が前週の134位から55位にジャンプアップした。

 トップ10は変動なく、ジェイソン・デイ(オーストラリア)が首位をキープ。同大会を11位タイで終えた松山英樹変わりなく14位としている。
【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(11.90pt)
2位:ジョーダン・スピース(11.08pt)
3位:ローリー・マキロイ(9.05pt)
4位:バッバ・ワトソン(8.09pt)
5位:リッキー・ファウラー(7.68pt)
6位:ヘンリック・ステンソン(7.34pt)
7位:アダム・スコット(6.91pt)
8位:ダスティン・ジョンソン(6.68pt)
9位:ダニー・ウィレット(6.21pt)
10位:ジャスティン・ローズ(6.03pt)
14位:松山英樹(4.55pt)
55位:チャーリー・ホフマン(2.28pt)
82位:池田勇太(1.75pt)
84位:片山晋呉(1.71pt)
112位:谷原秀人(1.37pt)
118位:藤本佳則(1.29pt)
127位:宮里優作(1.27pt)
132位:岩田寛(1.21pt)
142位:石川遼(1.12pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
石川遼、公傷制度申請を準備「話をできる状態にある」
ギリギリ予選通過から11位も 松山英樹は課題を胸に第5のメジャーへ
ユーザーが選ぶ“一番飛ぶ”ドライバーがこれだ!
ロフト5度!飛ばし屋ならキャロウェイ『XR16 LD』を選ぶべき?