9日、韓国では偽証罪や虚偽告訴罪で起訴される事例が増え続けるなど、「うそ」にまつわる罪がまん延している。資料写真。

写真拡大

2016年5月9日、韓国・文化日報によると、知人に頼まれたり金を渡されたりして法廷でうその証言をする偽証罪や、虚偽の内容を基に相手を告訴・告発する虚偽告訴罪などで起訴される事例が韓国で増え続けている。詐欺罪も毎年22万件を超えて発生しており、韓国に「うそ」にまつわる罪がまん延していることが分かる。

韓国の警察庁などによると、偽証罪での起訴例は12年に1639人、13年1702人、14年1800人。これは日本の例と比べると圧倒的な数で、07年で比較すると、日本での立件数138人、起訴数9人に対し、韓国は立件数3533人、起訴数1544人。単純計算で、起訴された人数が日本の172倍にも達するのだ。

虚偽告訴罪も毎年増えている。11年に2464件だったものが、12年に2734件、13年3009件、14年には3123件となった。相手への個人的な悪感情が原因となった「感情報復型」や、刑事責任を逃れるために無実の人に罪を着せる「責任転嫁型」など、形態もさまざまだ。

これについてある専門家は「偽証などが多いのは、韓国社会全般に理性や合理性よりも義理や情に引っ張られる情緒が根深くあるため」と分析、「うそがまん延すればわれわれの社会で正義を実現することはできない」とし、「うそによる罪は必ず処罰されるという国民的な認識が定着するように改善策を準備すべき」と訴えた。

一方、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せている。

「韓国は詐欺大国だからね。セウォル号や加湿器消毒剤の事件はなぜ起こったのか。詐欺師が社会にのさばっているからだ」
「まずはちゃんとした判決を出してくれ。裁判官がおかしな判決を出すから法律が無視されるんだよ」
「うそつきは日本じゃなくて僕らのことか」

「韓国人は口を開けばうそをつく。そして何か言う時は全部悪口。未開な国だ」
「国民のレベルが低いから」
「これが韓国なんだよ。認めるべきことは認めなきゃ」
「日本は人口が1億を超えてるのに、その日本の172倍だってさ。国民性が出ちゃったよ」

「韓国社会は反則が問題なのではない。反則をしても良心がとがめることなく、それを能力だと思ってしまう点が問題なんだ」
「日本を悪く言う前に、韓国人は日本人よりも何百倍もうそをつく国民だということを知っておこう。裁判官の前で宣誓してもこれだけうそをついてるんだから、日常生活ではごはんを食べるような感覚でうそをついてるはず」(翻訳・編集/吉金)