中国のメディアは時おり「恐ろしい」という言葉とともに日本を紹介することがある。1人の日本人のみならず、日本人全体が「中国人全体ではできないことを易々とやってのける」といった意味で使われることが多いようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国のメディアは時おり「恐ろしい」という言葉とともに日本を紹介することがある。1人の日本人のみならず、日本人全体が「中国人全体ではできないことを易々とやってのける」といった意味で使われることが多いようだ。

 中国メディアの八掛娯楽はこのほど、「心温まるも恐ろしい日本の気遣い」について紹介する記事を掲載。日本人からすればごく当たり前の光景でも、中国人からすればその気遣いが「恐ろしい」と感じるという事例を紹介している。

 記事がまず紹介したのは、どこにでもあるスーパーの光景だ。レジで会計を済ませた後、客が購入した品を袋に詰めるための台にはにロール状になったビニールの透明な袋が設置してある。透明の袋はサービスの一環として無料で提供されているうえ、取りやすいように指を濡らすために水が含まれたスポンジも設置されていることが一般的だ。これも中国人からすれば、その気遣いぶりが「恐ろしい」のだという。

 また、コンビニのレジ付近でも、客が立つ場所には突出した台のようなものが設置してあると紹介。小さいためあまり目立たないものの、これは客が財布を出し入れする際に荷物置きとして使うための台であると紹介し、「ちょっとした設計だが、客に大きな利便性を提供している」と紹介した。

 さらに記事は、横断歩道で見かける押しボタン式信号機を紹介。目の不自由な人のために、音声で案内してくれる「交通弱者用押しボタン」もあることを紹介。さらに、公共交通機関では車いす利用者のために階段に階段昇降機が設置されていたり、駅員が車両の乗り降りをサポートしてくれたりする事例を紹介。こうした日本ならではの気遣いは中国人にとっては「恐ろしい」と感じるものであることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)