富裕層狙う「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」

写真拡大

 長年“赤プリ”の呼び名で親しまれ、2011年3月末に閉館。その後、西武グループが980億円もの巨費を投じて建て替えていた旧「グランドプリンスホテル赤坂」が、装いも新たに完成した。

 地上36階(高さ180メートル)、地下2階、重箱を重ねたようなモダンなデザインが特徴的な新しい建物の総称は、「東京ガーデンテラス紀尾井町」。赤プリとはコンセプトをガラリと変え、ホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町(7月27日オープン)」が占めるのは30〜36階と高層フロアのみ。総客室数250室は、都内のプリンスホテルでは最少規模だという。

 その他、レストランやコンビニなどの商業施設、会社の会議やセミナーなどで利用できるカンファレンス、5〜28階はヤフーやメットライフ生命保険などが入居するオフィスフロアとなっている。また、別棟には地上21階で総戸数135戸の賃貸マンション(紀尾井レジデンス)が聳える。つまり、赤プリは多目的な「複合施設」に生まれ変わったというわけだ。

「オフィス、ホテル、住宅、商業などの再開発をとおして、西武グループの持つ保有資産のポテンシャルを最大限に引き出し、将来のモデルケースとなる施設にしたい」

 5月9日、報道関係者向けに開かれた先行オープン内覧会で、こう意気込みを語った西武プロパティーズ取締役の齊藤朝秀氏。

 2019年春のリニューアルを目指すホテルオークラ新本館も、オフィス需要などさまざまなニーズに対応した施設になるというが、なぜいま、老舗ホテルは続々と複合化するのか。

「景気や天候に左右されるホテル事業より、長期契約が結べるオフィスや住宅、飲食店などを混在させたほうが安定した不動産収益が見込める。また、2020年のオリンピックを前に、東京に本社機能を移したい有名企業や、高級ホテルに泊まりたい外国人旅行者やビジネス客などを呼び込むことで、都心のランドマーク的な付加価値もつけられる」(大手デベロッパー)

 新赤プリとなるザ・プリンスギャラリー紀尾井町も、客室数を減らしたとはいえ、まさにインバウンド需要を意識した最上級ホテルそのものだ。客室料金は、下は6万円から上はなんと59万円を予定している。西武によると、外国人客比率は2017年度に60%、2018年度は70%を見込んでいる。

 果たして、同社の狙い通り、世界中の富裕層やVIPが泊まるホテルとして定着するのか。経済誌『月刊BOSS』編集委員の河野圭祐氏がいう。

「世界で見ればプリンスホテルのブランド力は低いものの、ザ・プリンスギャラリーは外資系高級ホテルの米スターウッドホテル&リゾート ワールドワイドと提携し、その最高級カテゴリーである『ラグジュアリーコレクション』に加盟しました。

 スターウッドは全世界に2000万人を超える富裕層の会員を持つ巨大ホテルグループなので、そのノウハウやネットワークを利用してアジアや欧米などから富裕層を誘致できるメリットは大きいでしょう」

 しかし、ここまで高い宿泊料で外国人客にターゲットを絞ったホテルとなると、往年の赤プリファンや国内の旅行者は利用しにくくなるのではないか。

「赤プリの跡地は都内で最も好立地なので、プリンスホテルのフラッグシップとして世界に発信していく役割を期待しているのでしょう。敷居が高いという人には品川や芝のプリンスもありますしね。

 ただ、こうした都内高級ホテルの本当の真価が問われるのは、オリンピックが終わった2020年以降。膨れ上がった富裕層のパイが縮小することで、優勝劣敗がはっきりしてくるでしょう」(前出・河野氏)

 くしくもザ・プリンスギャラリーがオープンする1週間前(7月20日)には、星野リゾートが東京・大手町に1泊7万8000円〜の「星のや東京」を開業する。やはり外国人ビジネスマンなどをターゲットに「和」のコンセプトを強調した高級旅館だ。

 今後、日本のホテルブランドは国際都市・東京のホスピタリティーをどこまで高め、維持することができるのか。