日本の隣国である中国と韓国は文化が似ているぶん、その違いに驚くことも多い。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が見た韓国の不思議な点」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)Jacek Sopotnicki/123RF.COM)

写真拡大

 日本の隣国である中国と韓国は文化が似ているぶん、その違いに驚くことも多い。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人が見た韓国の不思議な点」を紹介する記事を掲載した。

 記事が紹介した「中国人が見た韓国の不思議な点」の1つ目は、韓国では「地産地消」が行われていることだ。韓国では地元でとれた食材が一番体に良いと言われており、地元の食材は輸入品よりも高い。これは日本も同様だが、中国とは真逆の点と言える。

 中国では「国産=低品質」であり、食品にいたっては「国産=有毒」なのだ。また、韓国では自動車も「国産車」が人気であり、この点も日本と同じだが、やはりこれも中国と違う点だ。中国では国産車では「メンツが立たない」として、ドイツ車や日系車が人気だ。

 次に、韓国では「深夜でもサッカーをしていた」ことを不思議に思うと同時に、驚きを感じたと伝えている。深夜1時に明かりをこうこうとつけて、サッカーチームが練習試合をしていたと紹介。深夜でもサッカーをすることが韓国で一般的かどうかは不明だが、時間にとらわれずにサッカーに打ち込む姿を見て、「韓国サッカーが強い理由が分かった」と伝えている。

 また記事は、「韓国人女性がみな美しい」ことも不思議だったとしている。韓国人女性にとって化粧は身だしなみの1つであり、他人への礼儀だと紹介しているが、女性のみならず韓国では男性も化粧水をつけるなどしており、「日中韓米のなかで最も美しい」と伝えている。

 韓国では美容整形が非常に身近な存在であることは周知の事実だ。韓国の1000人あたりの美容整形率は日本の2倍以上であるため、韓国人女性が美しいと中国人が感じるのも無理はない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Jacek Sopotnicki/123RF.COM)