ヤングなでしこ、U-20女子W杯開催地に遠征…パプアニューギニア&米国と親善試合へ

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は9日、U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)が今月22日から28日にかけてパプアニューギニアに遠征し、24日にU-20アメリカ女子代表と、27日にU-20パプアニューギニア女子代表と国際親善試合を行うことを発表した。キックオフはそれぞれ現地時間午後7時を予定している。

 11月にパプアニューギニアで開催されるU-20女子W杯に出場するヤングなでしこ。なでしこジャパン兼任の高倉麻子監督は、「本番のシミュレーションとして試合を行うことができるのは大変光栄なことだと思っています。選手にとっても、海外経験を積む貴重な機会となります。短い期間での遠征となりますが、少しでもチーム全体が成長し、日本に帰ってきたいと思います」と意気込みを語っている。