『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky

写真拡大

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』が、5月14日に『第69回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映されることが発表。あわせて2017年春に日本公開されることがわかった。

【もっと画像を見る(2枚)】

2014年に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』と自身のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開されたアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となる作品で、昨年に制作資金の一部をクラウドファンディングで募っていた。

物語の舞台はチリの首都サンティアゴ。様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を、虚実を織り交ぜながらマジックリアリズムの手法を用いて描く。

前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュ、ウォン・カーウァイらの作品で知られ、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

ホドロフスキーは同作について「『エンドレス・ポエトリー』は、われわれを取り巻く世界に潜むマジック・リアリズムを探求します。観た人が真の自分を発見する手がかりになる、まさに“生きること”への招待ともいうべき作品です」とコメントしている。