5月9日、TOHOシネマズ 新宿にて映画『ヒメアノ〜ル』ジャパンプレミアが行われ、森田剛さん、濱田岳さん、ムロツヨシさん、佐津川愛美さん、吉田恵輔監督が登壇しました。


『ヒメアノ〜ル』は、『行け!稲中卓球部』、『ヒミズ』などベストセラーを誇る人気漫画家・古谷実氏原作の映画化です。

平凡な日常を送る1組のカップルと、その裏で展開されるサイコキラー・森田正一の異常な日々も描き、狂気と笑いの世界観を表現しています。

主演の森田役を務め、鬼気迫る演技が話題の森田さんは、脚本を読んだとき「ハードなシーンがたくさんありまして、どう撮るのかなというのと、僕がどこまでやるのかなというのはすごく興味が湧いたというか」と、興味を持った経緯を語ります。


そんな森田さんをワクワクした目で見つめていたムロさんは、「配役が決まった段階で、僕は脚本を渡されたんです。台本をもらったときに森田さんと濱田さんが“絶対この役はムロさんじゃなきゃ嫌だ”って言ってたって聞いたんだけど」と朗らかに語ると、森田さんは「えっ」と困り顔を作り否定の表情。

濱田さんも「よくやる大人の嘘じゃない」とにべもない返事をすると、たたみかけるように森田さんが「俺は全然(共演者が)誰でもよかった」と辛口の冗談を飛ばすと、ムロさんも「バカじゃねえの、口を慎みなさいよ(笑)」と大笑い。


また、本作で紅一点となった佐津川さんは、森田さんとの撮影エピソードで「羽交い絞めにされるシーンがあったんです。本番のときに私が力を入れすぎたのか、思いっきり抵抗して二人で転んじゃったんですよ」と白熱した演技を振り返ります。


「それまですごい怖い顔だったのに、カットがかかった瞬間に森田さんは“大丈夫?”ってすごいびっくりして言ってきてくださって。やぱり演じながらも気を使ってくれて優しいなと思いました」と、佐津川さん目線で森田さんの紳士っぷりを語り、森田さんも満足気な笑みを浮かべて「いいですね」とにんまりしていました。


4月25日に行われた第18回ウディネ映画祭でのワールドプレミアで先だって上映され、ヨーロッパの映画通をうならせた森田さんの凶悪っぷりが見どころのひとつですが、森田さんも手ごたえを感じているようで、「ちょっと前でも後でもなくて、今このタイミングで“ヒメアノ〜ル”という作品の森田(役)をできたのは、運が良かったと思っています」と、自信を覗かせていました。

『ヒメアノ〜ル』は5月28日、TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国公開です。

【関連記事】

※ 藤本美貴、旦那・庄司智春のプロポーズエピソードを明かす

※ 三代目JSB・岩田剛典が理想のタイプを告白!「味噌汁系女子がいい」

※ 三代目JSB岩田剛典&今市隆二が登場「みんなで銭湯にも行った」

※ 山本美月、キュンキュンエピソードを披露「頭ポンポンとか、好きです」

※ 羽生選手との共演を果たした瑛太「僕もオリンピックを目指します」