2016年のWTCC(世界ツーリングカー選手権)第4戦、モロッコラウンドでホンダ・シビックが圧倒的な速さと強さを見せました。

1

5月7日に行なわれた予選では、ロブ・ハフ、ノルベルト・ミケリス、チアゴ・モンテイロのホンダボーイズが1・2・3位を独占、最強のライバルであるシトロエン勢を押さえ込みます。

リバースグリッドでスタートするオープニングレースでは表彰台に手が届かなかったものの、ウェットコンディションで行なわれたメインレースでは、予選順位通りのワン・ツー・スリーでゴール。

これにより、今シーズンのメインレースで負けなしだったシトロエンを駆るホセ・マリア・ロペス選手の連勝を止めることができたのです。

念願といえるメインレースでの勝利を表彰台独占という最高のカタチで実現したホンダ・シビックWTCC。

今回の結果により、ドライバーランキングではチアゴ・モンテイロ選手が2位、マニュファクチャラーではシトロエンに続く2位となり、さらに上を狙うことが期待されます。

(写真:Honda 文:山本晋也)

WTCC第4戦でホンダ・シビックが表彰台を独占!(http://clicccar.com/2016/05/09/370978/)