2位お尻…女性が「産後気になる体のパーツ」1位はやっぱりアノ場所

写真拡大

今年の母の日には、何をプレゼントしましたか? 中には、自分が母親となって、“今年初めて母の日を迎えた”女性や、“最近出産したばかり”という女性も多いことでしょう。

母親になってみて、ライフスタイルや体型など、「自分のココが変わった……」という部分はありますか? 妊娠・出産を経ることでさまざまなことが変わり、戸惑いを覚える女性も多いでしょうが、安心してください。そう考えているのはあなただけではありませんよ!

そこで今回は、既婚男女600名を対象にパナソニックが実施した「初めての母の日」をテーマとした調査で、“出産した女性の変化”についての結果をご紹介しましょう!

 

■産後気になる体のパーツ1位は…?

まず、「出産後、自分自身について変化を感じた点は?」と尋ねると、最多の答えは「自分よりも子ども中心の生活になった」(95%)という結果に。

次いで、「自分の時間がなくなった・とれなくなった」(93%)、「自分のお手入れをする時間がなくなった」(81%)でした。

そして4位には「体型が以前と変わった」(65%)という回答が入りました。お腹の中で別の人間が育っていたわけですから、妊娠・出産を経ると100%の女性の体型が変わる、と言っても過言ではないでしょう。

ただ、妊娠中の食生活やエクササイズなどで、変化を一時的なものに留め、産後割とすぐに体重や体型が元に戻った、という人も割と多いのかもしれませんね。

しかし、妊娠・出産の過程は人それぞれ。場合によっては運動ができず安静を強いられ、体重が増えてなかなか戻らない……という場合ももちろんあるはずです。

では、「体型が以前と変わった」と答えた人は、どのパーツが変わってしまったと思っているのでしょうか?

「出産後、気になるようになった体のパーツは?」と尋ねると、

5位・・・顔(輪郭など)(26%)

4位・・・胸(37%)

3位・・・太もも(41%)

2位・・・お尻・腰まわり(62%)

1位・・・おなか(92%)

という結果となりました! やっぱり、腹部からお尻の辺りにかけて肉が付いたり、体の線が崩れたりした……と嘆く人が多いようですね。

だからといって、母乳を与えている場合は無理なダイエットなどは危険。母子共に栄養をたっぷり摂れるように、食生活のバランスを考えながら、無理なく体重と体型を元に戻して行きたいものですね!

 

■産後の体重・体型を元に戻す秘訣5つ

産後は昼夜赤ちゃんのお世話にかかりきりで、ママはなかなか自分の時間が取れないもの。おまけに睡眠不足やストレスで疲れ果て、体型のことを考える時間も気力もない場合も多いでしょう。

しかし女性としては、なるべく早く産前の体型に戻したいですよね? 『WooRis』の過去記事「出産太りそのままにしてない?“産後の体型”を元に戻す6つのアイデア」を参考に、産後のシェイプアップ方法をご紹介します!

(1)可能な場合は母乳育児を実践

産婦人科医によると、母乳を与えることで1日約300〜500キロカロリーを燃焼するそうです。母乳は、生産するのに大変なエネルギーを要すため、母乳を与えることによって余分な栄養素を母体にとどめないからなんだとか。

ただし母乳の出は人それぞれなので、無理せず赤ちゃんのニーズを優先してくださいね。

(2)すきま時間を利用してエクササイズ

赤ちゃんを置いて外へ出ることはできません。でも、ベッドで寝ている時に腹筋やストレッチ、ヨガなどを隣ですることは十分可能ですよね!

(3)水分を多く摂る

体内の水分が足りなくなると、血液の循環が滞りメタボ体型になる可能性があるそうです。水分は母乳製造の元や便秘の解消にもなります。意識して水分を多く摂りましょう!

(4)高栄養・低カロリー食品を食べる

「母乳をあげてるからお腹が空いて……」というのはわかりますが、だからといって高脂肪食品やスイーツを暴食するのはNG。栄養分が高くカロリーは低い野菜や果物、魚などでバランスよい食生活を心がけましょう。

(5)赤ちゃんとウォーキング

赤ちゃんが外に出てもいい月齢になったら、気分転換も兼ねて赤ちゃんをベビーカーに乗せて周辺をウォーキング。重いベビーカーを押している時は普通に1人で歩くよりもずっとエクササイズ効果が高いはず。ストレス解消にもなって一石二鳥ですね!

 

以上、出産した女性の変化に関する調査結果と、出産後の体型を少しずつ元に戻す方法をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

出産後の女性の心身の健康には、夫や家族の協力が必要不可欠。お母さんだってたまには自分の心身をケアする時間が必要だということを周囲の人々によく理解してもらい、産後もバランスのいい生活を心がけましょう!

(ライター 相馬佳)

 

【関連記事】

※ 妻が「夫と結婚してよかったと思う瞬間」2位生活の安定を上回る1位は?

※ もう産んだ…よね?育児の合間にできる「出産後オバさん体型」予防法4つ

※ 離婚カウンセラーが警告!妻が「産後クライシス」に陥るNG行動3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 出産後も「美ボディ」をキープ!話題のマンゴージュースが本当にスゴイ

※ ママ友から視線が痛い…アラフォー女性が「薄毛を実感するシーン」3つ

※ 短期間で-6.5kg!? 薬剤師が絶賛した効果の出る健康美痩せダイエット法とは

 

【姉妹サイト】

※ 働きママが「義母と育児でぶつからない」ためのポイント3つ

※ 3時のおやつが効果的!? 名医が教える「片頭痛を和らげる習慣」とは

 

【参考】

※ 2016年「初めての母の日」を迎える“ママ・パパ1年生”に調査!ほしいもの1位は「自分の時間」… 癒やし・リフレッシュ不足な実態が判明 - パナソニック

 

【画像】

※ Subbotina Anna / Shutterstock