血液型【GW明け】あるある A型はグチの嵐、B型はうつろな目で放心状態!

写真拡大

 大型連休も明け、いつもの生活がもどってきました。最長10連休となった今年のゴールデンウィーク。めいっぱい休みを楽しめましたか? 今回は、大型連休明けの職場での態度を血液型別に見ていきましょう。

■A型……「今日から仕事か〜」とグチりまくる
 たとえ仕事に戻るのがそれほど嫌でなかったとしても。「今日から仕事か〜」と、とりあえずグチって見せるのがA型のお決まりのセレモニー。休み明け早々、張り切って仕事を始めたら周囲から浮いてしまうだろうし、下手すると反感を買いかねない。そう思うから、無理をしてもローテンションを装い、のろのろダラダラとした様子で1日を過ごします。帰り際には、「今晩は早めに寝ようっと」と疲労ぶるのも忘れません。

■B型……うつろな涙目で放心状態
 A型のローテンションは半ば演技かもしれませんが、B型はガチ。しかも、多くの場合、ローテンションを通り越して、ほとんど放心状態です。もちろん、仕事なんかそっちのけ。遠い目で窓の外を眺めては、「はぁ〜っ」と腹の底からため息をつき、うつろな涙目でのそのそ社内を徘徊。心配した上司が「大丈夫か?」と声をかけようものなら、「はぁっ!?」と逆ギレも……。気づくと「寄るな危険」の紙を背中に貼られているのです。

■O型……ドヤ顔で武勇伝が止まらない
 O型の第一声は、「お休み、どうだった?」。これは自分の話をしたいがための前振りのようなもので、すぐに「私はね〜」と始めます。しかも、周りもうすうす気づいていますが、O型の話は誇張のてんこ盛り。1のことを10倍にもして話すため、普通にレジャー施設に行ったことが、いつの間にかハラハラドキドキの冒険談にも。ドヤ顔で、あり得ないような武勇伝を語り続けている限り、O型の休暇モードは続くのでした。

■AB型……つつがなく平常運転
 まるで長期休暇などなかったかのように、普段とちっとも変わらない様子を見せるのはAB型。今しがた、空港から戻ってきたばかりだったとしても、そんな事情はおくびにも出さず、淡々といつもの業務を遂行します。A型のグチにも、O型の「どうだった?」攻撃にも付き合わず、B型の放心にも知らん顔です。自分の仕事だけをきっちりこなし、退社時間がきたらスッと姿を消す。周囲はそんなAB型を、ただ遠巻きにするしかないのです。

 長い休暇のあとは、心身のバランスを崩しやすくなります。生活リズムを整えるなどして、休み明けの体調不良にならないように気をつけてくださいね。
(夏川リエ)