9日、韓国メディアによると、北朝鮮が平壌を訪問中の英BBC放送の記者を拘束し、その後追放することを決定した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。資料写真。

写真拡大

2016年5月9日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮が平壌を訪問中の英BBC放送の記者を拘束し、その後追放することを決定した。

北朝鮮の第7回朝鮮労働党大会を取材するために平壌を訪れていた米CNNテレビの記者は同日、自身のツイッターで、「北朝鮮が金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に対する不敬な報道をしたとの理由で、BBCのウィングフィールドヘイズ記者を拘束し、追放した」と明らかにした。また、BBC放送によると、ウィングフィールドヘイズ記者は拘束された状態で約8時間にわたって調査を受け、現在はカメラ記者やプロデューサーと共に空港へ移動しているという。

北朝鮮は党大会を開催するにあたり、世界各国の記者100人以上を招待したが、大会会場への接近を禁止するなど、取材や報道を制限していた。

ウィングフィールドヘイズ記者は東京駐在特派員で、6日に開幕した党大会を取材するため、北朝鮮の招待を受けて平壌を訪れていた。また、4日には金日成(キム・イルソン)大学の内部を取材し、取材中に北朝鮮の関係者から制止される様子が映った動画をBBCのホームページに公開していたという。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「“追放”でよかった。十数年間の労働教化刑を受ける人もいる」
「同じ民族とはいえ、北朝鮮の考えていることは全く理解できない」

「昔なら監禁して拷問した後、その国との交渉に利用していただろう」
「何のために外国人記者を招待したの?今後はオオカミ少年のような北朝鮮がイベントに招待しても、誰も集まらないだろう」

「北朝鮮は危険な場所。行かない方がいい。理由もなく拘束される覚悟がないのなら…」
「取材も許されないのに、なぜ北朝鮮に居続ける?すぐに帰国するべきでは?記者らにも問題があった」

「韓国で生きるのがつらいなどと文句を言っているが、北朝鮮に生まれなかったことだけでも感謝するべきだ」
「金正恩の体型に関する悪口を言ったのだろう」
「追放されるべき人は金正恩なのに。金正恩さえ追い出せばアジアに平和がやって来る」(翻訳・編集/堂本)