ニューカッスルMFに賭博容疑

写真拡大

▽ニューカッスルに所属するイングランド人MFジャック・コルバック(26)に賭博疑惑が浮上した。イギリス『テレグラフ』はイングランドサッカー協会(FA)が調査に入る予定だと報じている。

▽報道によれば、コルバックは3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグのバイエルンvsアトレティコ・マドリーを対象に、インターネット上で賭けのやり取りを行ったという。

▽これが事実ならば、今回の一戦が欧州サッカー連盟(UEFA)の管轄で、自身が直接的に関与しなかった試合であっても、コルバックに対して重いペナルティが科される可能性があるようだ。

▽なお、『テレグラフ』はこのような賭博行為に関して、昨年からフットボール界に精通するあらゆる関係者の賭けを禁ずる新ルールが導入されているとしている。