BMWのエントリーモデルである「1シリーズ」に、新世代クリーンディーゼルを搭載した新グレード『118d』が登場しました。

メンテナンスフリーの排ガス浄化装置でありながら、日本のポスト新長期規制をクリアする2.0リッター・クリーンディーゼルと8速ATを組み合わせたパワートレインを積むモデルです。

エンジンの最高出力は110kW(150ps)/4000rpm、最大トルクは320Nm(32.6kgm)/1500-3000rpm。JC08モード燃費は22.2km/Lとなっています。

エコカー減税対象車で、自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となるほか、翌年度の自動車税も75%減税される118d。

SPORT、LUXURY、M SPORTと3つのバリエーションを持ち、メーカー希望小売価格は365万円〜385万円(消費税込)。

2016年5月21日からの発売とアナウンスされています。

(山本晋也)

BMW 1シリーズに4気筒ディーゼル登場。価格は365万円から(http://clicccar.com/2016/05/09/370973/)