ツアー2勝目は駆け付けた妻と子供の前で達成した(撮影:GettyImages)

写真拡大

 「ウエルズ・ファーゴ選手権」をプレーオフで制したジェームズ・ハーンが、勝利を決めた直後、思わず涙ぐんだ。

 ハーンといえば、プロゴルファーを夢見ながらデパートの靴売り場で販売員をしていた苦労人。2013年に米ツアーに辿り着いた彼が2015年に初優勝を挙げ、そして今週、2勝目を挙げたのだから、苦労した昔と比べれば、この2年は順風満帆な歩みに見える。
 それなのに、勝利を決め、TV中継のインタビュアからマイクを向けられたとき、大きく顔を歪め、言葉を詰まらせたのは、なぜだったのか。彼の胸の内を紐解いてみた。
 ハーンが米ゴルフ界で最初に注目を浴びたのは2013年のフェニックスオープン。名物ホールの16番のグリーン上で韓国のヒット曲『江南スタイル』を踊り、一躍人気者になった。当時の彼は31歳にしてルーキーという異色の存在。その年になるまで、一体どこで何をやっていたのかという話になり、そこで明かされたのが、靴売り場の販売員という話だった。
 「カリフォルニア大学バークレー校を03年に出たあと、プロ転向してミニツアーに出ようとした。でも、ミニツアーを回るのはすごくお金がかかる。経済的な援助をしてくれるスポンサーは僕にはいなかった。だから、とにかくお金を作らなければと思い、まずはゴルフをせずに働こうと決意した。地元の広告代理店で1年、それから不動産ビジネスの資格も取って、さらにデパートの婦人靴売り場でも働いた」
 プロになることを諦めた時期もあった。だが、07年から韓国ツアー、08年からはカナディアンツアー、10年からはウエブドットコムツアー、そして13年にようやく米ツアーに辿り着いた。
 ルーキーイヤーのハーンは優勝より何より「とにかく予選通過して賞金を稼ぐことがファースト・プライオリティ」と言い切っていた。お金が無くて、夢を諦めかけた過去があったからこその現実的な考え方。そうやって地道に着実に米ツアーを歩み出し、15年ノーザントラストオープンで初優勝を挙げた。
 しかし、その喜びの先に思わぬ苦しみが待ち受けていた。優勝したおかげで4月には夢のマスターズに出場し、その年は全英オープンにも全米プロにも出た。だが、メジャー大会では、ことごとく予選落ち。他の選手たちとの実力差を痛感させられた。
そんなときハーンは欲を出さず、初心に戻ろうと努めたという。
「そもそも僕のプライオリティは毎週、予選通過することだ」
 結婚し、長女が生まれ、今では一児の父親になっているハーン。家族を支えるためにも予選通過して賞金を稼がなければと気合いを入れた。だが、今季は不調。とりわけ先週までは8連続予選落ちを喫していた。
 「自信がどんどん無くなり、僕はこの米ツアーに居てもいい存在なのかと自問した。再び靴売り場に戻ることになるんだろうか。そう思えば思うほど、どんどん怖くなった」
 プロを目指していたころは、貧しかったが夢があった。米ツアーに辿り着いた当初は、ゴルフでお金を稼げることが、ただただうれしく、優勝を目指すことはボーナスみたいなもの。そういう時代は「恐いものは何一つなかった」。
 だが、初優勝を挙げ、本当の意味でトッププロたちと同じ土俵に上がってみたら、自分だけがとても場違いな気がしてきて、そのくせ昔に戻ること、落ちることが恐くなったそうだ。
 「でも、先週のニューオーリンズのとき、もっと自信を持たなきゃいけないという話をキャディとした。今週、週末に駆け付けてくれた妻と娘の顔を見て、僕は僕自身に『オマエならできる、自分を信じろ』」と言い聞かせた。『自分ならできる。やろう。やらなくてはいけない』。そう思ったら、力が出た」
 ひたすら上ることより、落ちないようにしがみつくことのほうが苦しい。ハーンの勝利の涙は、そんな心境の表われだった。
文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>