リングを付けた指先で「皮膚を触って」スマートウォッチを操作するテクノロジー

写真拡大

カーネギーメロン大学の研究チームが、皮膚をスマートウォッチのタッチ画面にできる技術「SkinTrack」を開発している。

スマートウォッチは、インターフェイスが操作しづらいと批判されることが少なくない。この問題へのソリューションをカーネギーメロン大学の研究室が開発した。装着者の皮膚をタッチスクリーンとして使うシステムだ。

「リングを付けた指先で「皮膚を触って」スマートウォッチを操作するテクノロジー」の写真・リンク付きの記事はこちら

同大学のFuture Interfaces Groupが開発した「SkinTrack」は、「皮膚上の継続的なトラッキング」を可能にしている。

スマートウォッチをしていないほうの手の指に装着したリングから「周波数の高いAC信号」が出る。その信号を、よくあるスマートウォッチのベルトに似た、電極を内蔵したリストバンドが検出する。

リングを付けた指で、スマートウォッチを装着した方の手に触れると、信号がウォッチに送られる。この信号により、皮膚を使ってデヴァイスを操作できるのだ。

複数の命令も可能で、皮膚に文字を書くと特定のアプリが立ち上がる(Eで電子メール、FでFacebookなど)。書類へのサインも可能だし、デバイスからアプリを皮膚にドラッグして「空間的ショートカット」をしたり、指と腕をコントローラーにしてゲームをプレイしたりもできる。

RELATED

開発チームは、「コンパクトで、体を傷つけず、コストも消費電力も低い」ことから、将来スマートウォッチの開発に利用できると期待している。

今年はほかに、ランカスター大学の研究チームが、スマートウォッチを改造して視線で操作できるようにしてみせた(日本語版記事)。この方法では、スマートウォッチの画面上の小さな点を見ることで、通常なら実際にタップしたりするのと同じようにスマートウォッチを操作できるようにしている。