【熊本地震】車中泊・テント宿泊世帯や避難所の乳幼児がいる世帯などにキャンピングカーを無償提供する取り組みを開始

写真拡大

5月3日(火・祝)から、熊本地震被災地の車中泊およびテント宿泊世帯、避難所の乳幼児がいる世帯、ボランティア宿泊者向けに、キャンピングカーの無償貸し出しが行われています。

この試みはライドシェアサービス「notteco」を手がける株式会社ガイアックスによるもの。その第1弾として、5月のGW中に、熊本県益城町、南阿蘇村、益城郡美里町、熊本県内の障害者施設などにて提供を行うというものです。

【有志の個人や法人がキャンピングカーを提供】

同社では熊本県庁のほか、2つの法人からヒアリングを行い、避難生活を送る乳幼児のいる世帯など、切実にキャンピングカーを必要とする人たちへ優先的に提供できるよう、尽力しているとのこと。

キャンピングカーの提供元は、有志の個人や法人。兵庫県のキャンピングカー個人所有者、さらにはキャンピングカーの販売店である株式会社アールブイランドなどなど。この皆さんはすべて、ガイアックスからの呼びかけに応えた方々なのだそう。

【かつて被災した経験がある方も】

その中の1人、神戸市在の42歳の大学教員男性は、阪神・淡路大震災で被災を経験された方。防災のために購入したというキャンピングカーを熊本地震の被災者のみなさんに貸し出すべく、ご本人が現地まで運転して送り届けたのだそうです。

【車中泊やテント泊でストレスを抱えているみなさんの力に】

避難をしているみなさんの中には、車中泊をしている方が少なくありません。その結果、エコノミー症候群を引き起こすなど、健康状態を損ねたり、心理的なストレスを抱えている方々が多いはず。

またテント泊も、連日となれば辛いものでしょうし、プライバシーが完全に守られていない状況に不安を感じられている方も、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

【「提供したい!」という方はぜひ参加を】

そういった方々へキャンピングカーが届けられ、少しでも心安らげる場所を確保してもらえたら……という善意から支えられている同社の取り組み。ライドシェアサービス「notteco」のサイトによると、現在はキャンピングカーだけでなく、トレーラーハウスも対象に加えているとのこと。

キャンピングカーやトレーラーハウスの提供者への募集内容と、利用受付の詳細は、参照元リンクの「notteco」サイトにてご確認ください。

たくさんの人の善意によって行われるこの取り組みによって、ひとりでも多くの被災者のみなさんが安心して眠れるよう、ただただ祈るばかりです。そして、できるだけ早く穏やかな生活を送ることができるよう、しかるべき対策が早急に取られることを望みます。

参照元:notteco、PR TIMES
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る