林奏延氏

写真拡大

(台北 9日 中央社)今月20日に発足する民主進歩党(民進党)政権で行政院(内閣)報道官への就任が決まっている童振源氏は8日、23日からスイス・ジュネーブで開かれる世界保健機関(WHO)総会について、林奏延・次期衛生福利部長(衛生相)を派遣すると発表した。

ただ、招待状には、「一つの中国」の原則に関する記述があり、政治の力で台湾の参加を妨害する行為だとし、「受け入れがたく、厳正に抗議する」方針。

また、健康の享受について「人種、宗教、政治的信念、経済的もしくは社会的条件の差別なしに万人の有する基本的権利の一つである」とする「WHO憲章」に言及。「台湾人民の健康と国際社会への参加の権利はいかなる政治の枠組みにも制限されてはならない」とした。

衛生福利部(衛生省)は9日、総会の招待状が正式に届いたと発表。内容を外交部などと協議した上で、迅速に返答するとしている。

(陳偉テイ、葉素萍、戴雅真/編集:齊藤啓介)