連載【福田正博 フォーメーション進化論】

 前回まで「ポゼッションサッカー」と「カウンターサッカー」について考察してきた。

 2010年のW杯南アフリカ大会前後は、クラブ単位でも国単位でも世界のトレンドは、バルセロナとスペイン代表を頂点とする「ポゼッションサッカー」にあった。しかし、2014年W杯ブラジル大会を機に、世界の潮流は「ポゼッションサッカー」から「カウンターサッカー」へと移行している。

 日本代表もザッケローニ元監督のもとで磨いたポゼッションサッカーから、アギーレ前監督とハリルホジッチ監督のもとで世界的なトレンドである"縦に速い"ショートカウンターへとスタイルが変わりつつある。

 ただ、W杯ブラジル大会以降の日本代表を見ていて、ある疑問が幾度となく頭をもたげることがあった。それは、「果たして、日本サッカーの伝統となるスタイルを確立できているのだろうか」ということだ。

 Jリーグ創設から24年。W杯の舞台で世界の強豪国と戦うようになってから18年が経つ。この間、日本サッカーはその時々のトレンドを取り入れながら成長を遂げてきた。だが、同じ速度で世界の強豪国も進化を続けている。「世界のスタンダードだから」「世界のトレンドだから」という理由だけで同じことをしていても、追いつくことはできないのではないか。

 振り返れば2006年にイビツァ・オシム氏が日本代表監督になった頃、日本人の良さを生かしたスタイルがクローズアップされた。それは岡田武史監督、ザッケローニ監督のもとでも継承された。

 岡田監督は日本人選手の「規律正しさ」を全面に打ち出すスタイルであり、ザッケローニ監督は「敏捷性」や「器用さ」を生かすスタイルであった。たしかに、ピッチ上で表現されるサッカーは違うものではあったが、その根底にはオシム時代と同様に"日本らしさ"を最大限に生かそうとする姿勢があったと私は感じている。

「日本人の良さを生かす」。これは何も特別なことではない。ドイツ代表にはドイツの良さがいつの時代にもあり、イタリア代表にはイタリアならではのサッカー観が根底にある。ブラジル然り、アルゼンチン然り。世界でサッカー強豪国と言われる国には、確実にその土壌でしか培われないものがスタイルや伝統として脈々と受け継がれている。

 では、日本人の良さはどこにあるのか? それは、海外リーグで評価されている日本人選手たちが示してくれている。

 たとえば、プレミアリーグ優勝を果たしたレスター所属の岡崎慎司は、その「献身性」と「運動量」で、インテルのSBで活躍する長友佑都は、90分間動き続ける「スタミナ」や「俊敏性」が評価されている。またブンデスリーガでは、「規律正しい汗かき役」の長谷部誠や、「高い技術」を生かして前線で得点に絡む香川真司がいる。

 日本スタイルを考えるためには、そうした日本人選手の特徴を理解することが前提になる。つまり、サッカーにおける日本人選手の長所は、「規律正しさ」「技術の習得に熱心」「忍耐力」「アジリティ(俊敏性)」などだ。

 ただし、これらは背中合わせで短所にもなる。規律正しさは、言われたことを忠実に守るだけで臨機応変さを欠くことになりかねないし、技術習得の熱心さは、テクニックが目的になって、ゴールを奪う勝負感覚が欠けてしまうデメリットにつながる。それも踏まえて、日本人選手の良さを発揮できるように考えるべきだろう。

 高さやパワーなど、日本人の弱点や欠点、足りない部分をあげればキリはない。当然、それを強化することも必要なのだが、それ以上に、持っている長所が全面に出るスタイルを模索することがさらに重要になる。

 こうした点を考慮して、日本代表が目指すべきスタイルとして、ペトロビッチ監督が浦和で志向しているポゼッションサッカーは、日本らしいスタイルを構築するにあたり、礎(いしずえ)になる可能性があると私は思っている。

 現在の浦和の戦術は、選手が連動しながらパス交換してポゼッション率を高めていくもの。その利点は、バルセロナがポゼッションサッカーを志向するようになったことと近い部分がある。つまり、ボール保持の時間を長くして、守備時間を短くすることで、失点のリスクを減らすことにつながる。

 また、守備時にほぼ5バックになる点は世界的には「時代遅れ」に映るかもしれないが、日本人のフィジカルや身体のサイズを考えれば、守備においても数的優位をつくることは現実的な策ともいえる。

 攻撃に関しては、選手一人ひとりのポジショニングや動きを幾通りもの「パターン」にして、それを反復練習で徹底させ、ゴールに迫ることに成功している。

 サッカーという競技は、とくに攻撃において同じ局面になることが少ない。つまり練習したことの再現性が低いため、ボールがないところで練習をいくら積んでも意味がないという考え方がある。しかし、それでは攻撃が常に「行き当たりばったり」になりかねない。そして、結果的に個人対個人の勝負になり、日本が世界の強豪国に比べて劣っているフィジカルやパワーといった部分で勝負することになってしまう。

 それに対し、ペトロビッチ監督はフィジカル勝負に持ち込まず、組織でボールをどう動かし、そのためにどう動くかをパターン化して選手に習得させていく。こうした戦術練習は、反復練習を苦にしない日本人選手にとって難しいことではない。それに取り組み、攻撃パターンのバリエーションを増やしながらコンビネーションを高め、技術力を高めていく。その精度が高まるほどにゴール数も向上していくはずだ。

 これこそが、日本人選手の強みを発揮できるやり方ではないかと、ここ数年の浦和の戦いを見て私は考えるようになった。日本人の良さ、日本人だからこそできることをペトロビッチ監督は生かしているといえる。そして、浦和や広島を率いて一定の成果を残し続けてきた。

 ペトロビッチ監督が志向するサッカーは、体のサイズ的にも日本人向きだろう。また、世界的なスタンダードであるワントップを採用しているが、その選手に求める役割は、世界のトレンドとは異なり、日本人に適したものになっている。

 一般的に、ワントップのFWは体を張ってボールをキープして、攻撃の起点になり、競り勝ってゴールを決めることを求められる。だが、ペトロビッチ監督のサッカーでは、ワントップは味方と連動しながらポジションを変えていき、相手CBとの競り合いやフィジカルコンタクトはそこまで多くない。そのため、特別なフィジカルの強さを要求されない。

 もちろん、攻守においてFWとCBは体が大きく、高さと強さがあるに越したことはないが、そうした選手が日本人には少ない。サイズが足りないと嘆く前に、足りない部分をどう補うかを考え、その方策を練っていくことが重要ということだ。

 私自身、ペトロビッチ監督を日本代表監督に推薦したいと言っているわけではない。浦和でやっているサッカーを、そのまま日本代表に持ち込んでも成果はすぐに出ないと思っている。

 ペトロビッチ監督が志向する「やや特殊」ともいえるサッカーで成果を出せるのは、選手全員が長い期間一緒に練習して、成熟度を高めていけるクラブチームだからだ。しかし、代表チームは選手が一緒に練習できる期間が限られる以上、ペトロビッチ監督のサッカーをやれと言っても、すぐに実行することには無理がある。

 それでも今後、岡崎や本田圭佑、香川たちのように海外で活躍していく選手が、育成年代から日本人の特長を生かした「精緻なポジショニング」と「パスワーク」を生かす「ポゼッションサッカー」で育っていけば、日本らしいチームが生まれる可能性があるのではないか。

 一朝一夕にできることではないが、時間をかけて日本らしいスタイルのベースを築いていくこと。それが、これまで以上にこれからの日本サッカーに必要になると私は考えている。

福田正博●解説 analysis by Fukuda Masahiro