写真提供:マイナビニュース

写真拡大

MMD研究所は5月9日、スマートフォンを利用している10代以上の男女1097人(4キャリア利用者:551人 格安SIM利用者546人9を対象に実施した「モバイルインターネット通信に関する利用意識調査」の結果を発表した。

契約している月間データ通信容量プランを聞いたところ、4キャリア利用者では「5Gプラン」が17.8%で最多となった一方、格安SIM利用者では「3Gプラン」が31.9%で最多となった。

実際に使用している月間のデータ通信量は、4キャリア利用者では「わからない」が18.7%で最多となったが、格安SIM利用者では「1G未満」が19.2%で最多となった。

スマホのデータ通信量の節約意識について聞いたところ、4キャリア利用者では、「かなり意識している」が20.3%、「やや意識している」が33.0%と、合計53.3%が意識しているのに対し、格安SIM利用者では、「かなり意識している」が28.9%、「やや意識している」が36.3%と、合計65.2%が意識している結果となり、両者の間で10ポイント以上差が出た。

スマートフォンのデータ通信量に節約意識があると回答した10代以上の男女650人(4キャリア利用者294人 格安SIM利用者356人)にデータ通信量の節約のためにしていることを聞いたところ、いずrめお「アプリのダウンロードやアップデートはWi-Fi接続時のみ行う」が約6割で最多となった。

これに、「常時通信するようなアプリはオフにしている」「外出時などは公衆無線LANの接続をするようにしている」が約3割で続いた。