写真提供:マイナビニュース

写真拡大

NTTコミュニケーションズは5月9日、さまざまな業種でセキュアなIoT環境をワンストップで実現する「IoT Platform」サービスの第1弾として、5月16日より「IoT Platform Factory パッケージ」を提供すると発表した。

「IoT Platform Factory パッケージ」は、IoTの導入に必要となるデータ収集・分析アプリケーション、セキュアなネットワーク、プライベートクラウド、産業機器やセンサー類に接続するデバイスをまとめて提供する。

製造企業向けのアプリケーションとしては、シュナイダーエレクトリックの「Vijeo Citect」(SCADA)、ジェイティ エンジニアリングの「JoyWatcher」(SCADA)がパッケージに組み込まれて提供される。

同サービスを活用して、産業機器やセンサー類から取得したデータを、同社のクラウド基盤「Enterprise Cloud」に集積することで、工場と工場の間、工場と本社オフィスの間などでデータの共有・活用を行うことが可能になる。

接続回線として、インターネットを介さない企業向けモバイルネットワーク「Arcstar Universal One モバイル」を用いてプライベートクラウドに直結することで、セキュアな環境を実現している。

同サービスは、「Basicプラン」「JoyWatcherプラン」「Vijeo Citectプラン」と3つのメニューが用意されている。メニューによって、アプリケーションの扱いが異なる。