光合成のチカラで発電する、スマートな「鉢植え」

写真拡大

電力の自由化や、環境問題の話題を多く見かける今日この頃。

いろんな視点、解決方法がありますが、どうせなら自分で発電できたらカッコイイ気がしませんか?

しかもクリーンに、スマートに。

植物グリーン発電Bioo

「Bioo」は、そんなスマート発電を助けてくれます。なんと、植物の光合成の力を使って発電してくれる鉢植えなんです。

植物が光合成の過程で根から出す物質をバクテリアが消費する際に放出する電子を放出するのですが、その電子をポットの底にある装置が検出・回収して電気エネルギーに変換しちゃうのです!

一見何の変哲もない鉢植えですが、最新のテクノロジーが詰まっているんですね。

植物グリーン発電Bioo2

電力はスマートフォンやタブレット端末などを充電できる5.0V、1.0Aで発電し、USB端子が先に付いています。1日でスマートフォンを2、3回充電できるレベルとのこと。デバイスの横にグリーンがあると、癒やし効果もありそうです。しかも経済的。

植物グリーン発電Bioo3

使い方はカンタン。底の装置に水を注ぎ起動させ、好きな植物を土ごと植えます。

後は普通に植物を育てるように、水をやったり太陽に当てるだけです。

天気にも左右されますが、「Bioo」は基本的に昼夜発電を続けるとのこと。植物のチカラってスゴイですね。

植物グリーン発電Bioo4

こちらは現在クラウドファンディングのindiegogoで資金募集中です。99ドル(別途送料)で1つ「Bioo」を購入する権利が付与されます。

部屋やオフィスにグリーンを置くと気が和むもの。充電ついでにグリーンを眺めて目の保養にもなるし、一石二鳥ですね。

Bioo [indiegogo]