「まあ」の多用は典型的キョロ充!口癖で分かる性格診断

写真拡大

しゃべり方にはそのひとの性格が出るものです。とくに、「口癖」にはコンプレックスや、隠しているつもりの本性も表われています。あなたや、周りのひとの気になる口癖はありませんか? 会話だけでなく、メールでもこんな言葉を多用しているひとは要チェックです。

口癖チェックでコミュ力アップ!

しゃべり方で性格診断をしてみましょう。たまに使うぐらいなら気にしなくてもOKですが、口癖として頻繁に出てくるのなら、こんな性格を持っています。

●その1:「やっぱり」

これを多用するひとは物事を深く考えない性格です。「やっぱり」なんて改めて言うべきことがそれほど多くあるでしょうか? 「やっぱりって言っておけば間が持つ」ぐらいにしか考えていません。

●その2:「すごい」

「すごい」と相手を褒めたり、「すごく」という形容詞を多用するひとは、人が良さそうに見えて、案外冷めている性格。無意識的に、そう言っておけば相手をあしらえると思っています。ミーハーだけどすぐ熱が冷めるのも、心から「すごい」と思っていないからです。

●その3:「ちょっと」

利己的で、腹黒い性格です。「ちょっとだけお願いがあるんだけど」と言えば、相手が断りづらくなるのを知っているのです。遠慮してる風を装っている、ずるがしこいヤツです。

●その4:「まあ」

自分に自信がなく、臆病な性格です。「まあ、××なのかもね」と、自分の主張をオブラートに包み、他人から嫌われないように自己防衛をするのです。キョロ充に多い口癖です。

●その5:「ようするに」

傲慢で仕切りたがりやです。「話の要点をオレがまとめてやるよ」という意識の表われなのです。リーダーシップがあり、行動力がある男性が使うと、年下女性からモテる口癖です。

●その6:「忙しい」

「最近忙しくて」を、すぐクチにするひとは、他人から評価がほしいかまってちゃん。かまってほしいとはいえ、自分のペースを乱されることも嫌います。「がんばってて偉いね」と褒めつつ放っておきましょう。

●その7:「絶対に」

「絶対に」「必ず」を簡単にクチにするひとほど適当な性格。責任感があるひとほど、「絶対に」なんて、安易に期待を持たせるようなことは言いません。その外面の良さに騙されて信頼してしまうと、後で痛い目を見ます。

●その8:「常識的に」

幼稚なひとほど「常識的に考えて」などとクチにします。こういうひとが言う持論は当てにならないので、適当に聞き流しておけばOK。社会に出て世の中を知れば、ひとの数だけ常識があることが分かります。

●その9:「別になんでもない」

執念深くてねちっこい性格です。「なんでもない!」=聞いて欲しいアピールだと理解しましょう。

口癖とは、無意識で使ってしまう言葉です。その無意識を分析してみると、そのひとの本質が見えてくるので面白いですよね。

この口癖チェックで相手の性格を知り、上手な人付き合いに活かしてください。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by Little_Li