男子テニス界の問題児バーナード・トミック イタリア国際の初戦を8分で棄権

ざっくり言うと

  • 男子テニス界の「問題児」トミックが、イタリア国際の初戦を8分で棄権した
  • 第1セットをリードしていたものの、体調不良を理由に棄権した
  • マドリードOPの初戦でも問題行動を取っており、反省の様子がなかったと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング