政治や社会の仕組みが異なる日本と中国では、教育もまた仕組みが大きく異る分野の1つだ。また、中国ではこれまで1人っ子政策を長年にわたって実施してきたこともあり、子どもたちは非常にわがままに育つ傾向にあるとされる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 政治や社会の仕組みが異なる日本と中国では、教育もまた仕組みが大きく異る分野の1つだ。また、中国ではこれまで1人っ子政策を長年にわたって実施してきたこともあり、子どもたちは非常にわがままに育つ傾向にあるとされる。

 日本では幼稚園や保育園のころから、子どもたちは集団生活を学ぶと同時に、自分のことは自分でするという自立心も養うことになるが、中国では小学生になっても登下校は親に送り迎えしてもらい、かばんも親に持ってもらうという子どもも少なくない。

 こうした過保護とも言える状況が当たり前の中国からすれば、日本の幼稚園や保育園における幼児教育は驚き以外の何ものでもないようだ。中国メディアの捜狐はこのほど、日本の幼稚園における教育内容を紹介しつつ、「尊敬に値すると同時に恐ろしさも感じた」と伝えている。

 記事は、日本の幼稚園や保育園は「科学技術を以って発達した日本の先進的な社会と対照的に非常に質素で、先進的な設備などは見当たらない」と紹介。それは日本の幼児教育は「子ども本位であり、先進的な設備による教育ではないため」であると指摘した。

 さらに、中国と日本の幼児教育の違いとして、日本では「自分のことは自分でする」として、子どもたちに自立を学ばせていると紹介。日本では保護者が子どもたちの送り迎えをするとしても「子どもは自分の荷物は自分で持つのが普通」と紹介。さらに、服の着替えにおいても、子どもたちは自分で自分の服を着るのが普通であると伝え、何でも保護者が手を貸す中国との違いを指摘した。

 また、日本では幼児教育において重きが置かれているのは「知識」面のことよりも、笑顔や感謝など、いわゆる情操教育であると指摘し、社会で生きていくために必要な根本的な要素を教えていると紹介。一方、中国では教育といえば年齢にかかわらず、知識の詰め込みしかなく、人として大事なことを教えることはないと指摘、こうした教育を受けた中国人は大学を卒業して就職活動を行う際も、父母同席でなければ面接もできず、コップに自分で水も注げなくなってしまうのだと主張している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)