写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●ロシアの悲願、ついに達成
ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモス(旧ロシア連邦宇宙庁)は4月28日5時1分(モスクワ時間)、ロシア連邦の極東部・アムール州に新たに建設した「ヴァストーチュヌィ宇宙基地」から、初めてとなるロケット打ち上げを実施した。ロケットは順調に飛行し、搭載していた衛星をすべて軌道に投入。打ち上げ成功をもって、新宇宙基地の門出を祝した。

これまでロシアのロケット打ち上げは主に、カザフスタンから租借している「バイカヌール宇宙基地」と、ロシア北西部にある「プリセーツク宇宙基地」から行われていた。このうちバイカヌールは、毎年多数の宇宙船や人工衛星を打ち上げ、ロシアの宇宙開発における中心地としての役割を担っているが、カザフスタン国内にあることで、ロシアは毎年100億円を超える租借料を支払わなければならず、金銭や安全保障の点から、長年頭痛の種でもあった。

しかしヴァストーチュヌィ宇宙基地が完成することで、ロシアはついに悲願である、完全に自立した宇宙へのアクセス手段を手にすることができるようになる。

○カザフスタンに残された伝説の発射場

バイカヌール宇宙基地は1955年に、ソ連のミサイル発射場として誕生した。広大な草原地帯をもち、気候も安定したこの場所は、その後1957年の世界初の人工衛星「スプートニク」の打ち上げを皮切りに、宇宙ロケットの発射場としても活用され始め、1961年にはユーリィ・ガガーリンが乗った宇宙船「ヴァストーク」の打ち上げ成功によって、「バイカヌール」の名前は世界に知れ渡った。

しかし、実際にはこの発射場はチュラタームという街にあり、ソ連自身はこの発射場をNIIP-5という名前で読んでいた。バイカヌールという街も実在はしたが、この発射場から300kmも離れたところにあった。このようなややこしいことになった背景には、ガガーリンの飛行後に、ソ連が嘘の申告をしたという事情がある。ガガーリンの成功を世界に認めさせるわけには出発地を申請する必要があったが、正直に申請しては極秘のミサイル発射場の位置をばらすことにもなる。そこで、遠く離れたまったく別の街の名前を書いて提出したのである。

もっとも、1957年8月にはすでに米国の偵察機がこの発射場の存在を掴んでおり、後年の研究者を混乱させる以外の効果はなかった。さらに嘘から出た実として、1996年には街全体がバイカヌール市に改称され、名実ともに「バイカヌールにあるバイカヌール宇宙基地」となっている。

宇宙基地としての活用が始まって以来、バイカヌール宇宙基地は月・惑星探査機や、宇宙ステーションのモジュール、また近年では日本人宇宙飛行士を含む国際宇宙ステーションへの打ち上げなど、ロシアの宇宙への玄関口としての役割を担い続けてきた。ロシアのバイカヌール宇宙基地といえば、宇宙開発になんらかの形でかかわるものにとっての「聖地」である。

ロシアのバイカヌール宇宙基地、と書いたが、現在の所在地はカザフスタンにある。ソ連の崩壊で、バイカヌール宇宙基地は独立したカザフスタン共和国の中に残ってしまったため、ロシアはカザフスタンから租借しなければならなくなってしまった。租借地であるからロシアの統治が及ぶため、自由に使えるものの、租借料は毎年100億円を超えており、さらにカザフスタンからは、ロケットが環境や人体に有毒な燃料を使っていることや、飛行中のロケットが分離したタンクなどがバイカヌールの外、すなわち租借地ではない歴としたカザフスタンの領土に落下することへの非難をたびたび受けていた。最悪の場合には、カザフスタンの命で打ち上げができなくなる可能性もないわけではなく[*1]、ロシアにとっては不都合なことが多かった。

ロシアはバイカヌールとは別に、ロシア北西のアルハンゲリスク州にプリセーツクという宇宙基地ももっている。しかし、こちらは軍事衛星の打ち上げに特化した軍事基地として使われており、また地球を南北にまわる極軌道への打ち上げに合わせて造られていることから、バイカヌールとは趣を異にしている。そもそも、発射台の関係でバイカヌールからしか打ち上げられないロケットもある。

バイカヌールを使うためにはカザフスタンにお金を払い続けなければならないが、かといってプリセーツクに集約することもできない。ソ連崩壊以来、ロシアはこうした痛し痒しな状況を味わい続けてきた。

そこで、これらの問題を解決し、ロシアが自律した宇宙へのアクセス手段を維持し続けるため、ロシア国内に、バイカヌールの機能を完全に代替できる新しい発射場を建設することが必要とされたのである。

○幻のスヴァボードヌィ宇宙基地

あらゆる軌道へ向けて宇宙にロケットを打ち上げるためには、東と、そして南北のどちらかが開けている必要がある。たとえば日本の種子島宇宙センターは東と南に、米国のケネディ宇宙センターも東と南が開けている。前述したロシアのプリセーツクは北に、韓国や北朝鮮の発射場は南にしか開けていないが、極軌道にしか打ち上げないのであればあまり障害にはならない。

しかし、極軌道から静止軌道、さらに月や惑星に向けた出発地であるバイカヌールを代替するには、東はもちろん、南北のどちらかに開けていることが絶対条件となる。また、分離したロケットが住宅密集地や、他国の領土や国境近くなどに落下するのも避けたい。ロシアは広大な土地をもっていながら、それらの条件を満たせる場所は少なかった。

ロシアはすでに1991年の崩壊直後から、バイカヌール宇宙基地の代替場所を探し続けていた。そして1993年には、かつて「スヴァボードヌィ18」というミサイル基地として使われていた場所が選ばれた。スヴァボードヌィ18はアムール州の中国国境に近い場所に位置し、1968年に建設されて米国などに向けてミサイルを狙いを定めていたものの、米国との軍縮条約START-2がきっかけとなり1993年に閉鎖された場所である。周囲には森林地帯が広がり、東にはオホーツク海もあることから、ロケット発射場としては最適だった。

ここを改修し、大規模なロケット発射場「スヴァボードヌィ宇宙基地」を造ろうという構想は1993年から始まったものの、資金難によりほとんど進展することはなかった。大陸間弾道ミサイルのRT-2PM「トーパリ」を改造した「スタールト1」というロケットによって、1997年から2006年までに5機の衛星が打ち上げられたが、宇宙基地としての目立った活動はこれだけで、開発中だった新型ロケット「アンガラー」の発射台などの建設はまったく進まなかった。

2005年ごろになるとスヴァボードヌィ宇宙基地の閉鎖が取り沙汰され(そもそも開港したと言えるかすら怪しいが)、2007年2月にはスヴァボードヌィ宇宙基地は完全に機能を停止することになった。同じころ、バイカヌール宇宙基地の改修や使用延長契約が行われることになったが、問題が根本的に解決したわけではない。そのため代替地を求める動きは止まなかった。

そして再度、新しい発射場の候補が出され、気候や地震の頻度などから、ふたたびスヴァボードヌィ宇宙基地のある場所が選ばれることになった。2007年11月6日、プーチン大統領によって新たに「東の宇宙港」こと、「ヴァストーチュヌィ宇宙基地」(カスマドローム・ヴァストーチュヌィ)の建設が決定された。

【脚注】
1. もっとも、カザフスタンにとってバイカヌールは、ロシアからの金銭的な収入が得られ、また基地外の街への経済効果といった利益も大きいため、いくつか細かい問題はあるもの、カザフスタンがロケット打ち上げを全面的に禁止することは考えにくい。
【参考】


・Vostochny cosmodrome
 
・Vostochny (formerly Svobodny) Cosmodrome
 
・Start-1 Launch Vehicle - Russia and Space Transportation Systems
 

●ロシアがバイカヌールから撤退する日は来るか
○東方プロジェクト

ヴァストーチュヌィ宇宙基地はロシアの首都モスクワ、またロシアの主力ロケット「サユース」が生産されているサマーラから、約6000kmも離れた場所にある。しかし、ヴァストーチュヌィ宇宙基地を建設するための苦労は、この距離の比ではなかった。

2007年に建設が宣言されて以来、どのような発射場にするかで計画は二転三転した。当初は「ルーシM」という、当時計画されていたロケットの発射台を造ることが検討されていたが、その後2011年になり、ルーシM自体が開発中止になったことで頓挫した。このとき、ヴァストーチュヌィは打ち上げるべきロケットのないロケット発射場になりかけたのである。

その後、旧式ながら未だ主力ロケットとして活躍しているサユース・ロケットの発射施設をまず建設し、続いて、当時大幅に遅延しながらも開発が続いていたアンガラー・ロケットの発射施設も造られることになった。

つまり、もしルーシMやアンガラーの開発が順調であったなら、サユースの発射台は造られないはずだった。これは当然のことで、サユースは原型機の飛行からすでに半世紀以上が経ち、2000年代に大きな改良が入ったものの、旧式であることには変わりない。2010年代から今後何十年にもわたって使用する新しいロケット発射場に、老い先短い旧式ロケットの発射台を造ることは、単純に考えれば無駄なことであろう。そもそもサユースの発射台はすでにバイカヌール、プリセーツク、そしてギアナにもあり、それぞれ役割は多少違うとはいえ、4カ所もの発射台が必要なほどの打ち上げ需要があるわけでもない。唯一の利点といえば、万が一バイカヌールが使えなくなった際の保険、あるいはカザフスタンとの土地使用料の契約をめぐる交渉を有利に進めるための取引材料になる、といったぐらいである。

サユースの発射台は2012年から建築が始まり、2015年に完成することが予定された。この2015年という期限は、プーチン大統領がとくに強く要請したものだったという。

しかし、建設業者のトップが建設資金を横領していたというスキャンダルが発生。このトップは横領したお金で家やヨットを買ったほか、ダイヤモンド張りのベンツを乗り回していたという。この話がたとえ誇張だったとしても、そのような話が出まわるほど汚職が横行していた証左と言えよう。

さらに、発射台やロケット組立棟などの設計ミスが判明したり、作業員への給与未払いが発覚したり、その作業員の一部がハンガー・ストライキで抗議したりなど、問題が立て続けに発生し散々な有様で、事態の収拾のため、プーチン大統領や宇宙政策を担当するラゴージン副首相が直接、活を入れに行かねばならないような状況にもなった。

結局、2015年中の完成は間に合わず、プーチン大統領は2016年4月ごろの初打ち上げへの予定変更を許諾した。今度はその約束は守られ、ついに4月28日、ヴァストーチュヌィ宇宙基地は開港したのである。

なお、当初打ち上げは27日に予定されていたが、離昇の1.5分前にコンピューターの判断によって自動的に中止され、24時間延期されることになった。この原因は、ロケットの第3段にあるバルブからの信号を、ロケットの飛行制御システムに伝える通信装置にあったと見られている。ロシアのコメルサント紙によると、プーチン大統領はこの”失態”を受けて、ロスコスモスのカマローフ社長、ラゴージン副首相、そしてこの部分の製造を担当した企業の社長を強く叱責したという。さらに今後、より大きな責任問題に発展する可能性もあるだろう。

○真の完成は2021年以降に

サユースの発射施設のうち、発射台そのものはバイカヌールやプリセーツクなどにもある、花びらのように開く伝統的な、通称「チュルパーン」と呼ばれる構造をそのまま受け継いでいる。ただ、ロケットを発射台に設置してから打ち上げるまでの整備や試験の間、悪天候からロケットを守るための移動式整備棟が建造された。

これと似た設備は、南米仏領ギアナにあるギアナ宇宙センターに建てられた、アリアンスペースが運用するサユース(ソユーズ)用の発射台にもあるが、いくつか違いもある。たとえばギアナ宇宙センターでは衛星や上段が載っていない状態のロケットを発射台に立て、この移動式整備棟を被せてから衛星や上段を載せるが、ヴァストーチュヌィではロケットは衛星や上段を載せた、つまり完成した状態で発射台に立てられるため、ギアナほど複雑な作業は行われない。またロケットを覆い隠すほどの大きさがある点で違いはないが、外見を含め、細かな部分では形状も違う。形状の違いは、ギアナに建てた際の教訓や、ヴァストーチュヌィの環境などが影響しているためと思われるが、詳細は不明である。

なお、サユース・ロケットを生産しているRKTsプラグリェースでは、現在液体メタンを使う新型ロケット「サユース5」の開発を行っているが、発射台は従来のサユース・ロケットと互換性があるため、バイカヌール、プリセーツクをはじめ、このヴァストーチュヌィの発射台もそのまま流用できるという。

一方、アンガラー・ロケット用の発射台は、まず2021年に発射台の完成と打ち上げが、続いて2023年ごろには、アンガラーで有人宇宙船を打ち上げるための付属施設の完成が予定されている。ただ資金難によって、すでに2基建造されるはずだった発射台は1基に減らされており、今後さらに残る1基の建設に影響が出る可能性がないわけではない。

ちなみに、アンガラーの発射台はプリセーツクにもあり、すでに2回の試験打ち上げで使われてもいるが、前述のようにプリセーツクは極軌道への打ち上げに特化した地理にあるため、さまざまな軌道に向けて打ち上げるためには、ヴァストーチュヌィの完成を待たねばならない。

この他、ロケットや衛星、関係者を運ぶための鉄道や駅、ロケットの追跡施設なども新設され、すでにサユースの打ち上げに必要な分は完成している。今後さらに、アンガラーに必要な施設や、技術者や科学者など、ヴァストーチュヌィになんらかの形でかかわる人々が暮らすための、大きな街も造られることになっている。

○バイカヌールからの撤退はあるか

ヴァストーチュヌィ宇宙基地が限定的ながら機能を開始したことで、今後注目されるのは、ロシアはいつバイカヌール宇宙基地から撤退するのか、ということである。

そのひとつの鍵は、アンガラーの打ち上げ開始にある。アンガラーは、現在ロシアが運用している大型ロケット「プラトーン」を代替することを目指したロケットであり、そしてプラトーンの発射台はバイカヌールにしかない。つまりヴァストーチュヌィからアンガラーが打ち上げられるようにならなければ、ロシアはバイカヌールから完全に撤退することはできない。

また、有人宇宙船の打ち上げも鍵になる。実は、ヴァストーチュヌィから国際宇宙ステーションに向けて宇宙船を打ち上げることは難しい。なぜなら、ロケットの飛行方位角から考えると、第2段以降はオホーツク海に出るため、もしこの段階でロケットに何らかの問題が起き、宇宙船を脱出させると、オホーツク海上に緊急着陸することになる。しかし、ロシアはその際に回収する手段をもっていない。そのため、新たに洋上救出ができる組織を編成するか、あるいは国際宇宙ステーションの運用が終わる2024年まではバイカヌールを使い続けるしかない。おそらく楽なのは後者だろう。

こうしたことから、ロシアがバイカヌールから完全に撤退するのは、早くとも2024年以降になるはずである。ただ、現時点でロシアは明確な目処を立てていないようで、どのタイミングで撤退するのかは不明であり、ヴァストーチュヌィ宇宙基地との並行運用という道もないわけではない。

また、ロシアとカザフスタンは現在共同で、バイカヌールからアンガラーを打ち上げる「バイテレク」という計画も進めている。この計画は基本的にカザフスタンが資金を出しており、カザフスタン自身のロケットではないにしろ、比較的自由に運用できるロケットを持つことができる。アンガラーは環境に比較的優しい推進剤を使うため、カザフスタンが非難の種にしている、ロケットによる環境汚染も、まず問題にはならない。

バイテレクは2000年代の前半から始まったものの、これまで何度も延期や中断が行われており、実現する見通しはまだ立っていない。しかし、ロシアがバイカヌールからの撤退時期を明言していないことと合わせ、少なくともヴァストーチュヌィ宇宙基地ができたからといって、すぐにバイカヌール宇宙基地が廃港になり、スプートニクやガガーリンを打ち上げた伝説の発射場の歴史に終止符が打たれるということはないようである。

【参考】
・Soyuz-2 launch complex in Vostochny (371SK14)
 
・Angara launch complex (371SK32) in Vostochny
 

・Site 250 in Baikonur: Energia test stand
 
・Mobile Gantry
 

(鳥嶋真也)