スイス発「美しいリデザイン」ガジェット8選

写真拡大

毎日の生活に使うものこそ、シンプルで使いやすいモノがいい。スイスのデザイン学科の学生とスイススタートアップ・Punktとのコラボによる、普段何気なく使っている日用品をリデザインした素敵なアイテムたちをギャラリー形式で紹介。

SLIDE SHOW 「スイス発「美しいリデザイン」ガジェット8選」の写真・リンク付きの記事はこちら
redesign02

2/8Tilting Projector|斜めプロジェクター
リヴィングでテレビが無くとも、テレビを楽しめるプロジェクター。従来のプロジェクターの多くには何かしら空間的な制約が付いてまわった。というのも見る人の向かい側の壁に内容を照らし出す必要があるからだ。デザイナーのジャエフーン・ジャンは8角形ボディのプロジェクターを考案。これならさまざまな角度で投影できる。 PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/JAEHOON JUNG

redesign03

3/8Torch Lamp|トーチランプ
ヴィデオプロジェクターと同じように、懐中電灯にも使用上ちょっとした問題がある。それはスポットライトほどではないにせよ、光を当てた物しか照らせないということだ。特に、停電の時や手がふさがっているときは役に立たない。この「トーチランプ」は白熱灯を思わせる丸いレンズが特徴で、底が平らになっているため直立させられる。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/JAMES DART

redesign04

4/8Digital Camera|デジタルカメラ
液晶ディスプレイを取り除いた軽量デジタルカメラ「DC01」。両端を2本の指(親指と人差し指)で挟むことで、スナップ写真をより簡単に撮ることができる。ディスプレイがないので、撮った写真にイライラし、永遠にパーフェクトな1枚を撮ろうと頑張らないで済むということでもある。使い捨てカメラのようにその瞬間を楽しみ、記録して、あとで写真を楽しめる。PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/JÉRÉMY FAIVRE

redesign05

5/8Wall Printer|ウォールプリンター
まだプリンターを必要としている人のために、郵便ポストのようなイメージでデザインされた美しいプリンター。壁掛けできる仕様で(場所も節約できるかしこいデザイン)、下に取り付けられたカゴに出力紙が吐き出される。PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/NADINE SCHAUB

redesign06

6/8Weather Station|お天気ステーション
家庭用の“お天気ステーション”として、「Netatmo」や「Lapka」といったセンサー搭載ガジェットが生まれているが、「WS01」はより日常的に使えるアイテム。窓ガラスに貼り付けられ、温度や空気の質や気圧を表示する。小さな太陽パネルが搭載されそのエネルギーで動くので、いったん稼働すれば永遠に。平凡ではあるが、大変実用的な1品。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/KEVIN GOURIOU

redesign07

7/8Internet Radio|インターネットラジオ
かつてどこの街にも決まった数のラジオ局が存在したものだが、インターネットラジオなら選択肢は無限大だ。この円形のラジオは、ダイヤルを回して選局してインターネットラジオを聴ける。UIはNestサーモスタットを思い起こさせる。デザイナー深澤直人が無印良品のためにデザインした有名な壁に掛けるCDプレイヤーのように、穴の開いたグリルとニュートラルカラーが特徴だ。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/TERKEL SKOU STEFFENSEN

redesign08

8/8Extension Socket|延長ソケット
愛犬の散歩ヒモや巻尺のように、延長ソケット「ES02」は内部巻きシステムによってユーザーがコードの長さを調節できる。デザイナーのルーカス・フランクいわく、これで「ストレス無しの旅行を!」とのこと。
PHOTOGRAPH COURTESY OF ÉCAL/LUCAS FRANK

Prev Next

RELATED