写真提供:マイナビニュース

写真拡大

凸版印刷とサイジニアは、顧客一人ひとりの好みに合わせた商品を紙媒体でレコメンドするパーソナルプリントサービスの共同開発を2016年9月までに行い、サービス提供を開始すると発表した。

パーソナルプリントサービスは、ECサイト等を訪問した顧客の購買履歴・サイト閲覧履歴を分析することで顧客一人ひとりにオススメ商品を紹介するサイジニアの「レコメンドエンジン」と、凸版印刷の「オンデマンド印刷技術」を組み合わせて、顧客の好みに合わせた個人向け媒体をオンデマンド印刷で作成するもの。

両社では、商品カタログ発送時の同梱や、ダイレクトメールでの直接訴求など様々なシーンでの活用が可能で、ユーザーの手に直接届く紙媒体での訴求で、ユーザーがまだ出会っていないが親和性が高い商品を見つけ出すOne to One訴求が可能だとしている。

また、全顧客の利用履歴をデータの繋がりで把握してレコメンドを行うため、利用履歴の少ない顧客も、その他の顧客の利用履歴と紐付けることでレコメンド精度を担保することができるという。

凸版印刷は今後、2017年3月までに関連事業を含め凸版印刷として1億円、2018年3月までに関連事業を含め10億円の売上を目指すいう。

(丸山篤)