個人の金銭問題ストレス、仕事に影響を生じさせない3つ方法とは

写真拡大

友人たちや家族との間ではお金の話をするとしても、私たちが職場で個人的な金銭問題について話すことはほとんどない。恥ずかしいし、タブー視さえされている問題だ。それに、自尊心やセキュリティーの問題でもある。

だが、お金とそれに付随する問題を職場から切り離すことはできない。働く私たちの考えを支配し、業績や集中力にも影響を及ぼす問題だ。

コンサルティング会社ウイリス・タワーズワトソンが先ごろ公表した調査結果は、従業員の個人的な金銭問題を適切に、余裕を持って管理することの重要性を強調するものだ。労働者の間には現在、金銭的な問題でストレスを抱える人が増加していると指摘されている。主に指摘されている結果は、以下の通りだ。

・金銭的な問題があって仕事に集中できない従業員は2015年中、「プレゼンティーイズム(疾病就業)」によって2週間分の生産性を失っていた

・金銭的な問題に関連したストレスがあり、職場に積極的に関与できないと答えた従業員は59%に上る

・従業員の76%は、年上の世代より自分たちの方が、退職後の生活に対する不安感が強いと考えている。

職場も対応が必要

私たちはこれまでさまざまな形で、金銭的な問題に関して計画を立てる方法を学んできた。退職後の人生設計や投資、基本的な貯蓄の方法についての理解は深まっているはずだが、全体的な状況が改善されていないのはなぜだろう。

それどころか、実際には状況は悪化している。金銭的な問題に関する不安は現在、大きなストレス要因となっている。月単位でお金の問題にストレスを感じると答える米国人は、全体の72%に上る。また、パートナーがいる成人の約30%が、けんかの主な原因は、お金の問題だと答えている。

こうした人たちは必ずしも、現在のような状況に陥る必要はなかったのだ。以下、給与の額に関わらず、金銭的な問題に関連したストレスに対し、どのように対応すべきかに関する基本的な点を紹介する。

・ストレスの根本的な原因を明らかにするため、お金が自分の生活にどのような役割を果たしているのかを確認すること。お金とのかかわり方などについて、これまでに学んだことが役立っていないなら、それに固執しないことだ。お金が果たす役割を特定することができれば、お金は私たちにとっての「主人」ではなく「道具」になる。

・障害を乗り越え、お金に関する不健全な思考パターンを排除し、財政状況に対する健全な見方に基づいた安定的なワーク・ライフ・バランスを確立・維持するため、お金に関するマイナス思考をコントロールする。

・私たちの目的意識や価値観、安心感に財政的な成功がどれほど影響するか確認すること。これらを確認して目標とすることは、自分の立ち位置を明確にすることにもなる。ただし、これらは満足の基準になるものではないことに注意が必要だ。

非常に善意にあふれ、職場に親しみを持って働いている従業員でも、お金の問題で仕事に集中できなくなることはあり得る。賢いリーダーたちは、こうした従業員たちを一人の人間としてサポートし、生産的な職場を築くことが極めて重要だということを認識しているはずだ。体と心はつながっている。出勤してくるすべての人たちにはそれぞれの心があり、家庭、人生、お金に関するストレス要因は常に、その心とつながっている。

私たちが心の中に持つ指標を、無視してはならない。お金の問題については特にそうだ。私たちは潜在性を最大に引き出すために、最善を尽くすことができなくてはならない。そして、その目標を達成するには、自らの「懸念」を管理できる状態でなくてはならない。