ギズモード・ジャパンより転載:今年1月、ついに日本でも自動運転の運用が開始されたテスラ。そのCEOである、おなじみのイーロン・マスク氏が、先週ノルウェー政府が開催したカンファレンスにて「テスラの自動運転は事故を半分にできる」と発言したと、自動車の専門メディア「electrek」が報じました。

我々の調査では、自動運転機能は、エアバッグが作動する事故を50%減らしている。これは、自動運転は人間より2倍優秀だということだ。

すべての事故でエアバッグが作動するわけではありませんし、サンプル数もかなり少なく、50%という数字の根拠も不明です。それに、自動運転はハイウェイなどでの利用を想定しているため、もしそれ以外での運転もデータに入れると、おそらくこの数値は変わるでしょう。

とはいえ、50%とはかなりインパクトがあります。アメリカの年間交通事故死亡者は約3万2千人、怪我にいたってはその倍です。もし25%だとしても、想像以上の数字ではないでしょうか。

今回のイーロン・マスク氏の発言は、やや誇張気味かもしれません。それに、事故の減少がイコール死傷者の減少になるとも限りません。しかし、つい最近まで「夢の技術」と考えられていた自動運転がすでに未来ではないことを、日に日に実感させられますよね。

ギズモード・ジャパンの注目記事:キレイな照明さんは好きですか? 空気を吸い込む照明「クーキレイ」が世界的デザイン賞を受賞「自然に生活に馴染む」がポイント。音楽体験を劇的に変えるモノ話題の音楽サブスクアプリ「KKBOX」の「KK」ってなにか考えてみた


source: Electrek

Chris Mills - Gizmodo US[原文](渡邊徹則)
Photo by Shutterstock.