グーグルとFCAの「自律走行ミニヴァン」2016年中に公道を走行へ

写真拡大

グーグルとFiat Chrysler Automobiles(FCA)社は提携して、自律走行技術を搭載したミニヴァンをつくると発表した。完成したクルマは2016年末までに公道を走行できるようになる見込みだ。

「グーグルとFCAの「自律走行ミニヴァン」2016年中に公道を走行へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルとFiat Chrysler Automobiles(FCA)は5月4日(米国時間)、両社が提携して、自律走行技術を搭載したミニヴァン「Chrysler Pacifica(クライスラー・パシフィカ)」をつくると発表した。

FCAがミニヴァンの車輛をグーグルに提供し、それをグーグルが自律走行車に変えるということのようだ。完成したクルマは2016年末までに公道を走行できるようになる見込みだ。

Pacificaは、FCAがラグジャリー・ミニヴァンとしてデザインし直したモデルで、2016年1月の「北米国際自動車ショー」でお披露目された。「MotorTrend」によると、Pacificaには2台の10インチモニターと、13個のカップホルダー、備え付けの電気掃除機が搭載されているという。

両社はまず100台の自律走行ヴァンを製造するという。さらにグーグルは、ミニヴァン以外の車輛にも、自社の自律走行技術を組み込みたいと考えている。

グーグルは今回の提携について、「われわれが自動車メーカーと直接手を組んで、われわれ自身でクルマをつくる初めての取り組み」になると述べている

「ミニヴァンというデザインによってわれわれは、乗客がより簡単に乗り降りできる大型の車輛をテストする機会を得ることにもなる。特に、ハンズフリーのスライドドアのような機能だ」とグーグルは言っている。

RELATED

グーグルの自律走行車は、2009年に開発がスタートし、これまでに米国内4都市で実験が行われてきた。いままでに公道をおよそ240万km走行してきたほか、シミュレーションで数百万kmを仮想走行もしている。

2015年5月には、Daimler(ダイムラー)社の自律走行トラックが、米国ネヴァダ州で公道を走る許可を与えられた(日本語版記事)。このとき、このトラックが高速道路の走行を許されるまでに走った距離はたったの1万6,000kmだった。