6日、オーストラリアやカナダ、日本などで中国人による不動産・土地の爆買いが広がっているが、なぜ中国人は海外で不動産を爆買いするのだろうか?

写真拡大

2016年5月6日、オーストラリアやカナダ、日本などで中国人による不動産・土地の爆買いが広がっているが、なぜ中国人は海外で不動産を爆買いするのだろうか?環球時報が米誌の見解を紹介した。

中国投資家の多くが不動産に投資している現状について米誌フォーブスは、「個人投資家は投資リスクの低い不動産に目を向けており、企業は中国移民や中国人観光客の増加にビジネスチャンスを見いだし、オフィスビルやホテル、商業施設への投資を重視している。投資家の中には、中国企業のグローバル展開を見越し、将来的に中国企業の海外支店のオフィスとなる可能性が高い不動産に投資する動きもあり、中国人や中国企業の需要拡大が中国人の海外不動産投資を後押ししている」と指摘した。(翻訳・編集/内山)