コンロから目を離してうっかりお鍋を吹きこぼしてしまうと、スープが減ってしまったり、あとの掃除が大変だったりと、いいことがありません。吹きこぼれの多い料理をする時には、火加減を調整したり、フタを少しずらしたり、何かと気を遣わないといけませんので、手を離してほかの用事をすることが難しいものです。

しかし、吹きこぼれしない鍋フタ『コッフブルーム』があれば、そんな心配は無用。これだけで、吹きこぼれしやすい料理がグッと楽になります。

フタの中央に蒸気を逃すための弁があり、あふれそうになった泡を鍋の端ではなく中央へ集めることで、吹きこぼれを防止します。


20160501_kochblume_02.jpg


吹きこぼれを防ぐというだけでも充分な価値を持っていますが、さらに上にフタを重ねることで、蒸気を使った蒸し料理を作るという用途もあり、ヨーロッパで大ヒットしたというのも納得のツールです。1つの鍋でメインとなる料理のほか、温野菜、ゆでたまごなどのサイドメニューをついでに作れるので、自炊の時短にもなるでしょう。


20160501_kochblume_03.jpg


電子レンジを使う時のラップの代わりもなるので、活用シーンは多いです。耐熱温度は連続使用温度で230度と、油を使う料理にも対応できます。素材のシリコーン樹脂は、医療用として体内に埋め込まれることもあるなど安全性が謳われるものですので、健康面の心配もいりません。

さまざまな鍋、フライパンのフタとして活用できますので、お持ちの鍋類のサイズを測ってから購入しましょう。鍋の直径に応じて、Sサイズ(14cm〜22cm)/Mサイズ(22cm〜26cm)/Lサイズ(26cm〜30cm)があります。

『コッフブルーム』があれば、もう元々の鍋フタを使うことはなくなるかも知れません。


コッフブルーム

(田中宏和)