レーティング:トッテナム 1-2 サウサンプトン《プレミアリーグ》

写真拡大

▽プレミアリーグ第37節のトッテナムvsサウサンプトンが7日にホワイト・ハート・レーンで開催され、1-2でサウサンプトンが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽トッテナム採点

GK

1 ロリス 5.5

飛び出しは良かったが、能力を考えれば1失点目はセーブできる可能性があった

DF

2 ウォーカー 5.5

攻守に平均的なパフォーマンス

4 アルデルヴァイレルト 5.5

1失点目ではデイビスへの対応が緩かったが、そのほかは問題なし

5 ヴェルトンゲン 6.0

集中力を維持。安定していた

3 ローズ 5.5

自陣での危ういプレーもあったが、攻撃面は良かった

MF

23 エリクセン 6.0

何度もゴールに近づいたが、相手の好守もあって報われず

15 E・ダイアー 5.5

バイタルエリアを整備していたが、2失点目では粘り強さを欠いてデイビスにシュートを許した

11 ラメラ 6.0

タイミングよくリターンを返してアシストを記録。動きがキレていた

8 R・メイソン 5.5

そつのないパスさばきと気の利いたカバーリング

(→シャドリ -)

7 ソン・フンミン 6.0

見事にGKをかわして今季4ゴール目。後半は存在感を欠く

(→ヌジエ 5.0)

特に何もできなかった

FW

10 ケイン 5.5

貪欲にゴールを狙うも厳しいマークに苦戦

監督

ポチェッティーノ 5.5

内容は悪くなかったがデイビスにやられた

▽サウサンプトン採点

GK

44 フォースター 6.5

前半終盤にケインの決定機を好守で防ぎ、試合終了間際にもビッグセーブ

DF

15 マルティナ 6.0

好フィードでデイビス弾を演出した

17 ファン・ダイク 6.5

いつもよりも慎重なディフェンスで崩れず

6 フォンテ 5.0

緩慢な対応からケインに決定機を許す場面も

21 バートランド 6.0

守備を重視。安定感があった

MF

10 S・マネ 5.5

アクセントを付けるもリズムに乗り切れず

(→ペッレ 5.5)

展開もあって守備に時間を割いた

4 クラジー 5.5

中盤の底で守備に奔走した

(→ロメウ 5.5)

うまく試合に入って守備を締める

8 デイビス 7.0

素晴らしい2ゴールで勝利の立役者に

12 ワニアマ 6.0

堅実な守備で中盤の強度を高める

11 タディッチ 6.5

良い動き出しからクロスでデイビスの1点目をお膳立てし、2点目もアシスト

(→ワード=プラウズ -)

FW

7 ロング 5.5

よく動き、2列目を生かした

監督

クーマン 6.0

持ち前の粘り強いスタイルでシティに続きスパーズも撃破

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

デイビス(サウサンプトン)

▽いつも通りの運動量で攻守にインテンシティを発揮しただけでなく、2ゴールという決定的な仕事で逆転勝利に導いた。

トッテナム 1-2 サウサンプトン

【トッテナム】

ソン・フンミン(前16)

【サウサンプトン】

デイビス(前31)

デイビス(後27)