7日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米元国務次官:中国を敵と考えるのは大間違いだ」を掲載した。気候変動問題、テロ、国際保健などさまざまな分野で中国との協力が必要になるという。

写真拡大

2016年5月7日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは記事「米元国務次官:中国を敵と考えるのは大間違いだ」を掲載した。

05年から08年にかけて米国務次官を務めたニコラス・バーンズ氏は6日、ウィルソン・センターで講演した。テーマは「次期大統領が直面するアジアの安全保障の挑戦」だ。今後50年間、アジアは米国にとっても重要な地域であり、中国といかに付き合うかが最優先の外交課題になると訴えた。

気候変動問題、国際的な人身売買、テロ、国際保健など米中の協力が必要な国際問題は多く、米中首脳会談の数を今の年1〜2回から5〜6年に増やすべきだと訴えた。また中国を敵扱いするのは大間違いだとも指摘。現在の中国は「スターリンのソ連や毛沢東時代の中国とは違う」とコメントした。

協力する一方で競争する分野もある。特に南シナ海、尖閣諸島の問題は深刻だ。バーンズ氏は「中国は限度を知る必要がある」と批判し、中国は米国と日本、韓国、オーストラリアなどの同盟国との関係が強固であることを理解し、領海問題の解決は国際海洋法に則らなければならないことを知るべきだと発言した。(翻訳・編集/増田聡太郎)