6日、中国湖南省長沙市で、中国が知的財産権を保有する国内初の中低速リニアモーターカーによる乗客を載せた試験営業運転が始まった。

写真拡大

2016年5月6日、中国湖南省長沙市で、中国が知的財産権を保有する国内初の中低速リニアモーターカーによる乗客を載せた試験営業運転が始まった。新華網が伝えた。

【その他の写真】

14年5月に着工された同線は、鉄道の長沙南駅と長沙黄花国際空港を結ぶ。全長は18.55キロメートルで、運行時間は片道19分30秒。最大乗客数は363人で、乗車券は片道20元(約330円)。(翻訳・編集/柳川)