福容大飯店提供

写真拡大

(新北 8日 中央社)北部・新北市の福隆海水浴場で7日、内外のアーティストが制作した砂像を展示するイベントが始まった。2011年に世界一高いタワーに認定された「東京スカイツリー」を含む高さ11メートルの巨大砂像のほか、台湾初の女性総統となる民主進歩党の蔡英文主席をかたどった作品が人気を集めている。

2008年から行われている同イベント。今年は米国、フランス、イタリアなど13カ国・地域から24人のアーティストが参加しており、会場には「世界一」などを題材にした80作品が展示されている。

7月10日までの期間中には、台湾の人気砂像作家、王松冠氏による講座も開かれる。

(王鴻国/編集:杉野浩司)