死を司る「テロメア」とは何なのか?

写真拡大

とある米バイオスタートアップが、同社のCEO自らによる「若返り」実験で話題になった。彼女とその企業が目したのは「テロメア長を伸ばすこと」にあったというが、そもそもテロメアとは何なのか? 2014年11月発売の『WIRED』日本版VOL.14より転載。

「死を司る「テロメア」とは何なのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

INFORMATION

VOL.14「死の未来」特集・「死の科学 20の断章」より転載

2014年11月25日発売の『WIRED』日本版に掲載した特集において展開した「死の科学 20の断章」と銘打った企画のなかから、いまも色あせないコンテンツを順次公開! 関連記事を読むには、あるいはプリント版・デジタル版ともに購入するには、こちらをチェック。

わたしたちの体をつくっている細胞は、常に分裂を繰り返し、新しい細胞をつくりだすことで「若さ」を保っている。しかし、細胞は無限に分裂できるわけではない。ある回数分裂した細胞は、それ以上分裂できなくなる。これが「細胞死」だ。

この細胞死と密接にかかわっているのが「テロメア」と呼ばれる、染色体の末端にある構造だ。細胞が分裂するたびテロメアは短くなっていき、テロメアがある長さ以下になった細胞は分裂できなくなる。つまり、テロメアの長さは、細胞の若さを示す「時計」と考えられる。

RELATED

このテロメアの長さを調べることで、将来、老化の速さや寿命を予測できるようになるだろう。すでに英国には、老化の速さを計るテロメア検査を400ポンドで提供する会社もある。しかし、テロメアの長さと老化や寿命の関係には、まだよくわかっていないことも多い。

最近、テロメアの長さと生物の個体寿命との関連を示すあらたな研究成果が発表された。英国・東アングリア大学のデイヴィッド・リチャードソン博士らは、セイシェル諸島に生息する320羽のムシクイ(スズメ科の鳥)の群れについて、テロメアの平均的な長さを計測した。その結果、テロメア長と寿命に明確な関連があることがわかったのだ。

「全長が短く、短くなるスピードも速いテロメアをもつ鳥は、1年以内に死ぬ確率が高かったのです。これは、テロメア長が個体の寿命を計る指標になりうることを示しています」

個体によってテロメアが短くなる速さに違いがある理由について、研究グループは、その個体が受けてきたストレスが関係しているのではないかと考えている。

INFORMATION

『WIRED』VOL.14「死の未来」

人間死んだら、どうなる? マインドアップローディングは、不老不死と同義なのか? そもそも死とは、何なのか? 「死」の未来に迫る大特集のほか、エドワード・スノーデンへの独占インタヴュー、Twitter共同創業者のエヴァン・ウィリアムズが立ち上げた「Medium」(ミディアム)のヴィジョン、世界中の科学者が注目する量子コンピューター企業D-Waveや、量子マーケティングを実践するScanamindなどを特集。