最終区間で鈴木亜由子が逆転して注目された1月の全国都道府県対抗女子駅伝。優勝の感激にひたっていた鈴木は、1分23秒後にゴールした東京の関根花観(はなみ)に区間記録を奪われたことを知って驚いたという。関根のタイムは鈴木より12秒速い31分18秒だった。

 関根は鈴木の所属する日本郵政グループの後輩。鈴木は「花ちゃんに区間賞を取られたのに驚いて『まだまだだな、ちょっと気を引き締めなければいけないな』と思いました」と苦笑する。

 社会人2年目の関根は当時20歳になる直前。トップから3分12秒差の13位でタスキを受けると「後半はほぼ自分が得意な下りだったので、前半から積極的にいければいいなと思っていて」というように、10km区間の前半5kmを15分54秒で突っ込んでの快走で7人抜きを達成し、チーム順位を6位まで上げたのだ。

「12月の全日本実業団女子駅伝でも10km区間を走り、区間2位ながらも区間新記録で走っていました。そこから調子を落とさず来れていたので、いいタイムは狙えるんじゃないかなというのはありました。区間賞も『取れたらいいな』とは思っていましたが、『絶対に取ってやるぞ』という感じで走っていたわけではありませんでした。記録も32分を切れればいいほうかなというなかで、自分のタイムを知った時はびっくりしました」

 こう話す関根は、鈴木がリオデジャネイロ五輪出場を狙う日本郵政にとって、隠し玉とも言える存在だ。

 出身は東京都町田市で、「小さいころは人と競争するのが嫌いだったし、駆けっこも好きではなかったんです」と幼少期を振り返る。

「中学も最初はソフトテニス部に入ったけど、陸上の助っ人に駆り出されたら市の大会で優勝して、東京都の大会では4番になって......。いつの間にか陸上という感じでしたね。中学1年の時はテニスを取るか、陸上を取るかで結構悩みました。でもテニスはペアに恵まれなかったりしたら試合にも出られないけど、陸上は自分が頑張る分だけ結果がついてくるので、そういうところに引かれて中学2年で陸上に絞りました」

 中学3年で出場した全日本中学は1500m決勝に進出してブービーの14位。自己記録は全国中学ランキング17位ながらも、宮城県の仙台育英高校から声がかかった。

「最初は都内の高校に行くつもりだったけれど、夏の終わりに声をかけられて。話を聞く前は『絶対に東京を出たくない』と思っていたけど、いざ話をしてみたら監督にうまく乗せられて(笑)、『やってみたいな』とガラッと変わったんです」

 高校1年の全国高校駅伝は2区を走って、チームの3位入賞に貢献した。しかし、東日本大震災の影響を受けて、ほかの選手たちと一緒に愛知県豊川高校へ移籍。2年時はルールにより高校総体に出られず、全国高校総体には3年間縁がなかったが、2年のときに出場した全国高校駅伝は4区区間2位でチームは2位に。3年では2年生エースの鷲見梓沙(すみ あずさ/ユニバーサルエンターテイメント)が故障上がりというなかで、エース区間の1区を区間3位で走ってチームを勢いに乗せ、2年ぶり4回目の優勝へと導いた。

「豊川高校はトラックのレースでも5000mは走らせないで、3000mまでの高校だったんです。普段の練習量自体もそんなに多くなくて、ジョグも50分までしかやらないし、1000mのインターバルも2本までしかやったことがありませんでした。8分目くらいをキープしてやっていく練習で、全力で一本というのはなかったですね。生活面に関しては、寮は一軒家みたいなところで、監督はリビングに住んでという感じだったので、厳しかったけれど練習や体重管理など、体に関することをガツガツやらされるという感じではなかったです」

 そんな負荷の少ないフレッシュな状態だったからこそ、日本郵政入りした1年目はアジアジュニアや駅伝を含めて12レースを走り、2年目も11レースをケガもなく走れているのだ。

「高校時代は練習量も少なかったので、実業団になった最初のうちは毎日『疲れた〜』っていう感じでしたけど、『プライベートは自由だ!』みたいなのもあって楽しかったですね。初めてボルダー(米国コロラド州)へ合宿に行った時は走るだけの環境で『すごいな』と圧倒されつつ、監督の奥さんや娘さんと話をしたりバーベキューをしたり、買い物にも連れて行ってもらったりして、そんなに窮屈でもなくてすごく楽しく過ごしました」

 こう話す関根は陸上に専念することを決めた中学時代から、やるなら最後はマラソンで終わりたいと思っていたという。

「実業団へ行ったらマラソンをやるんだというのはずっと決めていたので、少しずつ距離を伸ばして長い距離を頑張ろうと思っているんです」と笑顔を見せる。

「東京五輪はマラソンで出場したいと思っているので、今年の冬くらいにはハーフマラソンをやって、そこで体に余裕があれば、少しずつマラソン練習も入れられたらと思っています。でも今は、6月末の日本選手権までは10000mに集中していこうかなと思っていて。駅伝ではいい結果が出たけれど、あれはロードの記録なので、トラックでそのくらいのタイムを出せるかどうかはわからないんですけど、ちょっとだけ『自分にも可能性があるな』と思えてきたので」

「今年は日本陸連の合宿にも参加するし、5月中旬からはチームでボルダーへ合宿にも行くので、そこでもう一段成長できて、日本選手権では少しでもトップレレベルの選手たちと争って選考に絡んでいけるようなレースができればいいなと思っています」

 世界選手権で活躍した鈴木が身近にいるという環境も、すごく恵まれていると関根は言う。その鈴木には練習でなかなか勝たせてもらえないが、自分の持ち味である前半から積極的に行くレースができるように、10000mでは派遣設定記録の31分23秒17を突破したいと、高い目標を持っている。

 そんな関根にとっての今の息抜きは漫画を読むことで、基本は少女系ではなく少年系だという。

「小学5年のときから、『NARUTO』が好きだったので、『少年ジャンプ』を毎週買うようになったんです。今はいろいろあるけど、『銀魂』とかが好きですね。単行本も買って、チームの中で回し読みをしています」

 明るい表情で話す関根。そのあっけらかんとした性格で、日本選手権までにどこまで成長できるのか。その姿を6月末のレースで見るのが楽しみになってきた。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi