連休真っ直中の5月5日、茨城県の筑波サーキットで「第30回 コカ・コーラ オールドナウ・カーフェスティバル」が開催されました。

イベントのテーマはズバリ「走り」。最新型車も旧車も、とにかくサーキットを走って楽もうというイベントです。

コースではスーパーFJやマツダロードスターのワンメイクなど本格的なレースに加え、新旧ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニ、さらにトヨタ2000GT、コスモスポーツなどの多彩なデモランを実施。

また、自動車雑誌スタッフによる長期テスト車同乗体験やトークショー、読者の愛車によるパレードランも行なわれました。

 

今回はイベント30周年特別企画として、初回開催年の1986年に製造されたクルマの展示が目玉。事前の公募で集まった内外の車両はどれも程度良好です。

横浜から来場した遠藤太嘉志さんは、希少な初期型の初代トヨタ・スープラでの出品。

「5MT、DOHCのクーペという条件で購入しました。パーツの欠品は厳しいですが、最新のクルマにはない80年代特有の創意工夫や勢いはまったく飽きることがないですね」

と愛車の魅力を語ってくれました。

 

この30年選手達もまたデモランを行い、レースとは違った魅力を放っていました。

きれいに並べたクルマを眺めるイベントも楽しいものですが、サーキット走行という非日常の体験も別の魅力があります。来年のゴールデンウィークは筑波サーキットへ出かけてはいかがでしょう?

(すぎもとたかよし)

新車も旧車もサーキットで快走!家族で楽しめる「走り」のイベント(http://clicccar.com/2016/05/08/370700/)