アフリカの都市の高架下に現れた動物たちの写真が、語るもの

写真拡大

高架下の象、工場のサイ、採石場のキリン…。ケニアに突如現れた巨大な動物たちの写真は、写真家でありアクティヴィストのニック・ブラントの作品だ。悲しげな動物たちを写すモノクロ写真が伝えるのは、人間が消滅させつつある、かつてそこにあった「繁栄の空気」である。

SLIDE SHOW 「アフリカの都市の高架下に現れた動物たちの写真が、語るもの」の写真・リンク付きの記事はこちら
brandt02

2/8「荒地のサイと住人」(2015)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

brandt03

3/8「採石場のライオン」(2014)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

ALLEYWAY WITH CHIMPANZEE

4/8「路地のチンパンジー」(2014)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

brandt05

5/8「採石場のキリン」(2014)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

brandt06

6/8「向上への道に立つシマウマ」(2014)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

WASTELAND WITH ELEPHANT

7/8「荒地の象」(2015)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

FACTORY WITH RHINO

8/8「工場とサイ」(2014)
PHOTOGRAPHS BY NICK BRANDT, COURTESY OF EDWYNN HOUK GALLERY. NEW YORK

Prev Next

ニック・ブラントは、象やキリン、ライオンの悲しげな写真を通して、絶滅に瀕しているアフリカの大型動物への関心を高めようとしている。彼の新しいシリーズ「Inherit the Dust」では、この美しい動物たちが、自分たちが追い出されてしまった地をさまよう姿を写し出している。

写真集にも収められたこの作品は、ケニアの荒地や高速道路の高架下、線路、建設現場の広大な風景のなかに、等身大の動物の写真がぼんやりと浮かび上がる様子をとらえている。衝撃的で説得力のあるこれらの写真は、アフリカの野生動物たちが生存の危機に瀕していることを人々に訴えるという、ブラントの生涯をかけた取り組みのひとつなのだ。

写真家であり活動家でもあるブラントは、アフリカで15年間活動を行っている。5年前には、近隣のコミュニティからレンジャーを雇って200万エーカーの土地を密猟者から守る非営利団体「Big Life Foundation」を共同設立している。

シリーズ「Inherit the Dust」は、彼が目撃してきた、風景の急激な変化にインスピレーションを受けて生まれたものだという。その変化は、2030年には3,000万エーカーの緑地を消滅させるといわれる違法伐採によって起こっているのだ。

「急激にアフリカの自然が消えてしまうのを見過ごすことはできませんでした」と彼は言う。「わたしはかなり悲観的ですが、現在の状況は、わたしが想像したよりもさらに悪いのです。かつては動物たちがここを歩き回っていたのに、いまはもういない。そんな場所について、わたしは考え続けています」

このプロジェクトは2年にわたって行われたが、それは彼が10年前に撮った写真を掘り起こすことから始まった。ブラントは20枚ほどの写真を選び、等身大に引き伸ばし、カルフォルニアの自宅からケニアへと送った。彼は撮影場所を見定めるのに7カ月をかけ、写真を持ち上げるのに20人以上を動員した。雨季のケニアを選んで訪れたにもかかわらず、(作品のイメージに合った)悲しげな雰囲気を醸し出す雲を探すのに何日も待つこともあった。

もともとそれぞれの写真のなかに人物は入れようと考えていたものの、人々が自然に写真と触れ合っているほうが(いまはそこにいない動物たちの危機を伝えるために)はるかに効果的であることを彼は発見する。それによって、予測もしていなかった、驚くべき作品が生まれることになった。例えば、少年が高架下の巨大な象の写真を優しく触っているような。

プロジェクトは簡単に行えるものではなく、また安く済むものでもなかった。それでも、デジタル加工によって動物の写真を風景にはめ込むというアイデアは論外だった。「パネルは等身大の動物として、それぞれの場所にあるべきでした。そうすることで、より純粋に、有機的に、動物は風景に溶け込むことができたのです。現実に起こる不測の事態は、フォトショップで思いつくようなことよりも常に優れているのです」

汚れた小川の側に静かに座るチンパンジーや建築現場を眺めるキリンたちは、憂鬱であると同時に美しい。これらの写真を見ることで「人間によって急速に消滅されつつある、かつてあった繁栄の空気」を人々が感じてくれたら、と彼は願っている。

Brandt

クルーたちが撮影の準備をしている様子。2014年11月撮影。