スグ離婚を避ける!ヒートアップしない夫婦喧嘩のコツ4つ

写真拡大

夫婦ゲンカをしてしまうと、どうやって仲直りしたらイイのかタイミングをつかめずに苦労している妻も少なくないかもしれません。

夫婦ゲンカが加速すれば、互いに幻滅してしまう場面も起こりがちですから、そうなる前の初期段階でしっかりと仲直りしておきたいですよね?

でも、夫が“わからずや”だとケンカの原因を全く改善できなさそうに感じてしまい、思わずヒートアップしてしまうこともしばしば……。

そこで今回は、8年間の市議時代に3万人以上の人間模様を垣間見てきた筆者が、無用なヒートアップを避ける“夫婦ゲンカの仲直りのコツ”を4つご紹介しましょう。

 

■1:夫の言い分を最後まで聞く

ケンカなど、意見の衝突が始まると、つい相手の発言に口を挟んでしまいヒートアップしてしまいがちです。

ですが、相手が話している時には一切口を挟まないことが、無用なヒートアップを避けるコツになるんです!

夫が納得いかない言い訳をしていたとしても、まずは最後まで話を聞いてみましょう。すると、一通り自分の話をし終えた夫は満足し、妻の言い分を素直に聞いてくれるパターンも多いようです。

 

■2:「愛してるから言っている」を強調

ケンカがヒートアップすると、相手への愛情すら瞬間的にサーっと冷めることもありがちですよね。

でも、あえてそこで「私は、あなたを愛してるから言っているの!」と主張することで、夫が妻の言い分を素直に受け入れやすくなる傾向があるようです。

“憎くて言っているワケじゃなく、愛しているからこそ言っている”ということを相手に理解してもらった上での口論であれば、夫がムダにヒートアップして“わからずや”に変貌することを予防しやすいようです。

 

■3:テレビや書籍などで得た専門家の意見を混ぜる

夫がいかにもわからずやで、どうしてもケンカが収まりそうにないタイプならば、ケンカの前に主張の根拠となるような専門家の意見やデータを準備しておくのも得策。

男性は女性よりも、論理的に説明されると反論できなくなることも多いのだとか。

「あなたはそういうけど、この前読んだ本では帰りが遅い夫のいる家庭の●割が離婚しているんですって」など、上手にデータを組み込みながら改善を促してみては。

 

■4:相手の主張を肯定しながらケンカする

「あなたが言うことも、もっともだけど」と夫の主張も部分的に認めつつ、自分の主張をするようにすると夫は“全否定はされていないんだな”と理解して、穏やかな話し合いができる傾向もあるよう。

どんなに夫にムカついているとしても、“部分的な肯定”を心がけておくと結果的にヒートアップせずにケンカができるようです。

 

いかがですか?

些細なケンカがムダにヒートアップしてしまうと、「離婚だっ!」という心にもないフレーズが飛び出すことも。

上手なケンカのコツを押さえておいたほうが、結果的に夫が原因を改善してくれる近道になりそうです。

(ライター 並木まき)

 

【関連記事】

※ ヤバっ…悪気なくやってた!「離婚に直結する」妻のNG習慣3つ

※ 3割が妻以外と肉体関係!? でも大半が「妻バレしてない」衝撃的な夫の浮気事情

※ 世の夫から批判続出!「妻にこれをされたら即離婚」圧倒的な1位は

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 夫婦円満の秘訣は「我が子」!夫婦で子どもの成長を実感するたった一つのコツ

※ 忙しくてもすっぴん美人!? 今話題の自然派化粧品を美容家が試してみた

※ メイク直しが激減!ありそうでなかった「顔専用」の制汗ジェル

 

【姉妹サイト】

※ エッ…浮気よりも!? 「離婚の危機」がグンと迫る夫婦のNG行為5つ

※ BBA認定!? 「流行の服or音楽」知らないとオバサンなのはどっち

 

【画像】

※ Roman Samborskyi / Shutterstock