5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の農村地区について紹介する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーから様々なコメントが寄せられた。写真は長野県白馬村。

写真拡大

2016年5月5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本の農村地区について紹介する記事を掲載した。

記事では、日本の農村部の写真を数々紹介。道路やインフラが整備されており、家もよく整えられており、川の水は透き通っていて空気もきれいだとした。そして、日本の農村部ではほぼすべての世帯に自動車があり、農業は機械化されていると伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「日本の農村は中国の都市部よりきれい」
「日本こそ真の中華文明の継承者だと思う」

「お金があったら日本へ移民だな」
「農村でもこんなにきれいだなんて、民族的感情を除けば確かに日本は学ぶに値する国だ」

「日本こそ『共に豊かになる』を実現している。わが国は一部の人だけが豊かになっている」
「日本人は大嫌いだけど、日本人の生活にはあこがれる」

「中国の農村は、臭い川、散乱したビニール袋、ぼろい家、そして舗装されていないでこぼこ道」
「素養が全然違うからな。中国ではトレーラーが横転すると農民がこぞって積み荷を奪っていき、助けようともしない」

「俺は中国人ってすごいと思う。労働時間が長く、大きなストレスがあり、偽物が非常に多く、食べ物や薬すら安心して口にできない中で生活しているんだから」
「でも日本の公務員は中国の公務員を見て涙目になっていると思うよ」(翻訳・編集/山中)