生活水準が向上し、物質的な豊かさを手に入れ始めた中国人は、生活の質や身体的な健康を求め始めている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 生活水準が向上し、物質的な豊かさを手に入れ始めた中国人は、生活の質や身体的な健康を求め始めている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国人が経済的に豊かになるにつれ、日本で医療サービスを受けることを選択する人が増えていると伝え、「中国国内の患者にとって日本は医療観光の人気渡航先となっている」と報じた。

 記事は、医療や検診のために訪日する中国人が近年増加していることを伝え、日本各地の一部の病院では中国語が普通に聞こえる状況となっていると紹介。日本では「銀座や浅草、新宿に続き、病院も中国人に占領される」と冗談交じりの声が上がるほどだと伝えている。

 観光立国を目指す日本にとって、経済的な波及効果も大きい医療観光で訪日する中国人が増えることは歓迎すべきことだが、なぜ中国人は日本で医療サービスを受けるのだろうか。その理由として、記事は「日本は医療設備や技術などのハード面だけでなく、患者への対応などソフト面も素晴らしく、医療サービス全体が非常に突出しているため」と指摘している。

 さらに、日本人の平均寿命が世界的に見ても非常に長いことも、日本の医療サービスの質の高さを示す事例として中国では捉えられていることを指摘したほか、実際に日本におけるのCTスキャナの人口あたりの普及台数は日本が世界一であるとし、日本人の健康意識の高さが日本の医療技術と医療サービスの室の向上につながっていると論じた。

 経済成長によって豊かになりつつある中国だが、その一方では食生活の変化などによって肥満人口が急増するなどの弊害も生まれている。ガンは生活習慣病の一面もあるが、中国の場合は環境破壊や食の汚染問題などもあってガン患者が急増している。日本で医療サービスを受けることができる中国人はまだ一部の富裕層に限られているが、中国の経済成長が続けば、将来的にはさらに多くの中国人患者が日本を訪れることになりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)