5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人のマナーの良さは厳しい法律故だと主張する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年5月5日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本人のマナーの良さは厳しい法律故だと主張する記事を掲載した。

記事では、日本人が列に割り込まないのは軽犯罪法13条1項で割り込みが禁止されており、違反者は100万円以下の罰金と24時間の拘留の罰則があるからだと主張。軽犯罪法では公園などの公共の場所での痰吐きで1000円以上1万円以下の罰金になり、廃棄物処理法では不法投棄者は1000万円以下の罰金と5年以下の懲役になると伝え、こうした厳しい罰則を恐れるゆえにマナーが良くなったと主張した。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「中国は自由すぎる。でも人口が多いから管理しきれない」
「中国人は列に割り込み、特権を活用しないと損をした気分になるんだよ」

「中国人は管理される必要があるのは確か。日本や台湾、香港の秩序は管理と関係がある」
「ジャッキー・チェンの『中国人は管理される必要がある』との発言は一理あると思う」

「ある国民の民度の高さは生まれつきではないというのは事実。中国は自由で適当すぎる」
「わが国はコネさえあれば殺人することも恐くない国なのに、法律問題を語るとは」

「法治社会をめざすならまずは政府が模範とならないと」
「中国の法律は半分廃品のようなもの。法執行者が法を守らないことが多すぎる」(翻訳・編集/山中)