女子にとってアラサー世代というのは悩み多き時期。若さだけで勝負し、周囲も認めてくれた20代を卒業し、大人の女性として真価が問われる30代。そのはざまで結婚、出産など女性ならではの大事なイベントについても選択を迫られてきます。そんななかどうすれば30代を充実させられるのでしょう?
そんな悩み多きアラサー女子に大事にしてほしい、30代を輝かせるためのライフレッスンをご紹介します。

理想の恋愛を求めるのはやめて、愛されるにふさしい自分になろう

アラサー世代ともなれば結婚したり素敵な恋愛をしていて当然……なんて思い込まないこと! いくつになっても恋愛に不器用だったり、悩みは尽きないものです。
“こんな恋愛がしてみたい、こんな彼氏が欲しい”と憧れる前に、誰かから愛されるにふさわしい自分になれるよう努力してみましょう。それはファッションやルックスだけでなく、精神的な面についても言えることです。
恋人をサポートしたり思いやれる余裕をもつ、何があっても揺るぎなく愛せる芯の強さを持つ、そんな自分でありたいと思いませんか?

失恋をトラウマとするか貴重な経験とするかは、自分次第!

アラサー世代ともなれば、恋愛経験もあるし悲しい失恋だって経験しているはず。でもその失恋をトラウマとしいつまでも引きずってしまうか、そこから何か学び新しい恋にいかせるかどうかは自分次第です。
恋愛がうまくいかないのを過去のせいにするのはフェアじゃありません。つらい経験ほどバネにして乗り越えていきましょう。

“あらゆる人から好かれたい”と思うのは止める!

“人から嫌われたくない、誰からも好かれる人間でありたい”と思うのは自然なこと。でもそうはいかないのは、これくらいの年齢になればわかってきます。
人はそれぞれ個性があり、そもそも万人受けするほうが無理というもの、だったら潔く、“誰からも好かれたい”という願望はあきらめましょう。自分という個性をしっかり持っていればこそ譲れないものも出てくるし、他人と衝突することもある。その事実を受け入れて、“八方美人“であることを卒業しましょう。

悩むのは時間のムダ。怖くてもとにかく1歩踏み出してみる

“この先、私はどうなっていくんだろう?”と、誰しも一度や二度そんなふうにシビアに考える瞬間があります。
“5年後、10年後も今の仕事続けているのかな?”“今の彼と結婚しなかったら、もう次のチャンスは巡ってこないかも”“子どもは欲しいけど、いったいいつが産みどきなの? 早いほうがいいの?”など、悩みは尽きません。でもあまりクヨクヨ悩み過ぎても始まりません。大丈夫、たいていのことはなんとかなるので、今自分にできることにフォーカスしましょう。
フェイスブックのビジネスエグゼグティブであるシェリル・サンドバーグ女史は仕事と育児は両立できることを実証した世界的リーダーですが、彼女も“前向きに1歩を踏み出しなさい(Lean In)”というメッセージを著書で送っています。
アタマだけで考え過ぎて悩むより、とにかく自分で動いてみること。そこから流れは変えていけます。

“幸せ”は待っていても来ない。自分で作り出すもの

幸せはただ待っていても、自分のもとには舞い込んできません。自分から積極的に動き、やりたいことや好きなことを追求していくプロセスのなかで、みずから生み出す“心の状態”なのです。結婚もキャリアも他人や世間の目線で“幸せ度”を決めないで、自分の基準をしっかりと持つこと。誰がどう思うと自分が幸せと感じれば、それが本当の幸せなのです。

まとめ

いろいろなことに悩み傷つくことも多いアラサー世代、恋愛もキャリアも頑張っているのになかなか報われない、うまくいかないと感じることもあるでしょう。
でも自分がよく考え納得した道を選んでいれば、まわり道をしても必ず“どこか”にたどり着き、満足する生活を手に入れることができます。そんなまわり道すら楽しむ気持ちを忘れないで、充実の30代を過ごしてみましょう!

▽ 参考記事: