6日、米華字メディア・多維網は記事「オバマ大統領の米国に嫉妬する中国人、習近平はまねるべきだと呼び掛け」を掲載した。ジョーク満載のオバマ大統領のスピーチは中国人からも絶賛されている。写真は安徽省を視察する習近平国家主席。

写真拡大

2016年5月6日、米華字メディア・多維網は記事「オバマ大統領の米国に嫉妬する中国人、習近平(シー・ジンピン)はまねるべきだと呼び掛け」を掲載した。

オバマ米大統領は4月30日、任期中最後となるホワイトハウス記者夕食会に出席した。辛口ジョーク満載のスピーチが世界的な注目を集めたが、中国も例外ではない。中国の動画配信サイト「新浪ビデオ」で配信されたスピーチ映像は100万人以上が視聴した。

英BBCによると、中国ネットユーザーの多くはオバマ大統領のスピーチを絶賛している。SNSでは「カッコイイしオシャレでユーモアがある。それでいて誠実で自信が感じられる」との書き込みが多くの“いいね”を集めた。また「米国では政治家も普通の人なんだよね。だけど、東アジアの共産党国家では政治家はまるで神様のようでいつも厳粛なイメージでなきゃいけない」とのコメントも。習近平国家主席をはじめとする中国の政治家もオバマ大統領のスピーチに学ぶべきと訴えている。(翻訳・編集/増田聡太郎)