中国では「日本人女性は優しくて控えめながら、勤勉」といったイメージがあるようだが、同時に、中国では日本女性の社会的地位が低いと思われているため矛盾に感じられるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国では「日本人女性は優しくて控えめながら、勤勉」といったイメージがあるようだが、同時に、中国では日本女性の社会的地位が低いと思われているため矛盾に感じられるようだ。

 中国の女性向けメディアであるPCLADYはこのほど「日本では女性の地位があんなに低いのはなぜなのか?」と題して、日本における女性の立場について分析する記事を掲載した。

 記事はまず、日本人女性は理想の伴侶だと主張。中国では「イギリスに住んで、中華料理を食べ、米ドルで給料をもらい、日本人女性と結婚すること」が最高の人生と言われることを紹介した。その理由について、日本人女性は「桜の花のようにしなやかで芯が強い」と説明。「とても従順できれい好きで、おしゃれで料理が上手で、結婚後は専業主婦になるのを好む」とし、東洋の賢さと西洋のおしゃれ感覚を兼ね備えた日本人女性を「どんな男性もこういう理想の妻を持つ夢を持っている」と絶賛した。

 しかし、こんなにも素晴らしいと称賛される日本人女性だが、日本では社会的地位が低いと主張。その理由について、「日本の家制度」にあると分析した。家父長制度下での日本では、子どもは家長の財産であり、特に江戸時代には年貢上納のため娘の身売りが行われれる事例もあったと紹介。娘たちは遊女にされても恨み言を言わず、日本社会も「武士道精神の影響」から親兄弟のために働く彼女らを孝行者ととらえていたと説明した。

 最近は多くの日本人女性が結婚後も仕事を続け、女性の社会的地位も向上しつつあり、記事が紹介する日本人女性像は少なくなってきているかもしれない。中国ではかつての男尊女卑から男女平等への移行が極端で、「女強人」という言葉が出来るほど女性が強くなりすぎている節があるため、余計に日本人女性の優しいイメージが膨らむのだろう。

 日本においても男女平等は歓迎すべきことだが、男女はそもそも互いに異なる存在であることを前提とすべきであろう。男女それぞれの役割にも違いがあるはずだ。バランスのとれた社会を作るためには、互いの相違点を認めあうことから始めるべきではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)