中学生の薬物・子どもは“サイン”を出している

写真拡大

ちょっとした好奇心や仲間意識で薬物を使い始める子どもが多いという中高生の薬物依存。「ここで断ったら仲間外れにされてしまう」という単純な理由から使ってしまい、抜けられなくなることもあるとか。たしかに、中学生の仲間意識は、昔より強くなっているように感じる。親としては、後戻りができなくなる前になんとかしたいものだ。そこで、青少年の薬物依存について詳しい国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部の嶋根卓也氏を取材。「薬物依存・早期発見のサイン」について聞いた!

●薬物依存になる子どもの典型的な例

薬物をやっている子どもの進み方としては、中1でタバコ、中2でお酒、中3でシンナー、10代後半で大麻、20代で覚せい剤となるのが薬物依存の典型的な例だという。ここで注意したいのは、出発点はタバコだということ。そして、子どもが付き合っている交遊関係だ。だが、親が携帯を見たり、監視したりするのは中高生では難しい話。親子が険悪な関係になることもある。であれば、どんなことに注意すればいいのだろうか。

●薬物依存早期発見!5つのサイン

「薬物乱用をしていると嘘をつくようになります。これは子どもの性格ではなく、薬物依存症がもたらしている症状です」と語る嶋根氏。子どもたちは、嘘はもちろん、様々なサインを出しているという。ここでは、親が気をつけたい子のサインを紹介する。

【気をつけたい5つのサイン】

● お金をなくしたという

● 嘘の理由をつけて約束を守らない

● 親の財布からお金を盗む

● 生活が不規則

● 暴力を振るう

もちろん全部が薬物に結びつくわけではないが、薬物を手に入れるため、嘘をついてお金を得ようとするそう。また、昼夜が逆転する生活も、薬物と結びつきやすいと言う。

「暴力を振るうケースは男子に多いですが、女子の場合、内側への暴力として過食や拒食など食行動の異常、リストカットなどの自傷行為に走る場合もあります」(嶋根氏 以下同)

こういう行動をとる子どもには、「親に相談できない」「家族との夕食頻度が低い」など、大人不在で過ごす時間が長いというデータもある。

「夕食を一緒に食べれば自然と話もできますから、どんな友だちと遊んでいるかも見えてきます。今は見た目では、薬物をやっているかどうか分かりません。友だち関係を監視することは出来なくても、毎日子どもを見て話してチェックしてあげてください」

薬物乱用を始める子どもたちの“初期サイン”に気づくことができれば、早期対策にもつながる。幼少期はもちろんのこと、思春期や反抗期を迎えた時こそ、家庭での親子交流や夕食の時間が大切なのだ。

(取材・文/谷亜ヒロコ)