ドルト敗北 香川真司「相手選手から物凄いプレッシャーを感じた」

ざっくり言うと

  • 香川真司所属のドルトムントは7日、フランクフルトと対戦し0−1で敗れた
  • 香川は試合後、「相手選手から物凄いプレッシャーを感じた」とコメントした
  • 「サイドに起点を作らないといけなかった」と攻撃が機能しなかったと説明

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング